片寄涼太、劇中シーン再現 手の甲サインにファン悲鳴

片寄涼太、劇中シーン再現 手の甲サインにファン悲鳴

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が22日、都内で行われた映画『午前0時、キスしに来てよ』(公開中)の大ヒット御礼クリスマスイベントに登場。公開後の反響を聞かれた片寄は「自分が思った以上に多くの方に劇場に足を運んでもらって、『見たよ』って声をかけてくれる方もたくさんいてすごくうれしいですね」と喜んだ。



【動画】片寄涼太、映画のシーン再現に会場が悲鳴の嵐



 イベントは、片寄が「寄サンタ」として、会場のファンに感謝の意をこめて、プレゼントをするというテーマのもと進行。最初のプレゼントとして、片寄が演じた国民的スター「綾瀬楓」の名せりふがスクリーンに映し出され、その中から拍手が大きかったものを披露することに。「俺が好きなのは、君なんだ。君の傍にいたい」「俺は君のことだと、結構余裕がないんです」といった甘いせりふに黄色い声が飛び交った。



 続いて、会場の座席の下にメッセージカードを隠していることがサプライズで明かされ、当たったファンが「クリスマスプレゼント、届けに来てよ」と読み上げると、片寄が客席に下りていき、直接プレゼントを手渡し。「寄サンタ」のプレゼントはこれで終わらず、続いてくじで選ばれたファンを壇上に招くと、片寄はペンのキャップを口で開け、手の甲にサイン。劇中のシーンを再現した演出に悲鳴に近い声があがっていた。

カテゴリ