老けて見える…。アラサーなら気をつけたいポイント

老けて見える…。アラサーなら気をつけたいポイント

どんなに頑張っても年月というのは過ぎるもので、みんな着々と年を取っていきます。


ただ、実年齢よりも老けて見られるのは嫌ですよね。


そこで今回は、アラサーなら気をつけたい老け見えしちゃうポイントをご紹介します。


老け見え防止のためには、これだけは控えた方がいいでしょう。



姿勢悪いと老け見え


「アプリで知り合った女子と一緒に食事に行ったが、猫背っぽい姿勢で食べていてちょっと引いた。老けて見えるし一緒にいてなんか恥ずかしいし」(30代・保険)


シルエットでぱっと見の年齢が変わったりします。やっぱり姿勢がいい人は若々しく見えますからね。


逆に実年齢が若くても、いつも猫背ではおばあさんみたいに見られてしまいます。背筋はちょっと意識してピンと伸ばしておきましょう。


髪の毛のハリ・コシ・ツヤ


「ボリュームがなく、毛先がパサついた髪は若々しさを感じない。下手したら実年齢よりも上に見える。顔のハリツヤもそうだけど、髪のハリツヤもかなりぱっと見の年齢を左右するね」(20代・不動産)


髪の毛って年齢を感じやすいパーツの一つです。どんなにメイクを頑張って、顔が若々しくても、髪の毛がペタンとなってパサパサでは老け見えしてしまいます。


忙しくても髪のケアはこまめにしましょう。


メイクが濃すぎで粉吹いている


「メイクが濃すぎ、かつ乾燥肌なのか粉吹いている状態だとかなり年上に感じる。若く見せるためにメイクしているのかもしれないけど、粉吹くほどメイクしない方がいい。逆効果ですね」(30代・証券)


日中、何度もメイク直しをして厚塗りになってしまう人もチラホラ。厚塗りすると崩れやすいし、季節や肌次第では粉も吹きやすく、残念な顔になります。


粉が吹きやすい人はパウダー系ではなく、クリーム系のコスメを使ってみるのもいいかもしれません。


自分自身で『おばさん』と自虐する発言


自分自身で『おばさん』と自虐する発言


「『〇〇君20代前半なの?若くていいなー』『私もうおばさんだからさー』など、自分でおばちゃん発言をすると、本当にそう見える」(30代・営業)


「おばさん」と自負してしまうと、周りからそう見られやすくなります。


変に若いアピールする必要はないですが、別に自分から老けてますアピールをする必要もないでしょう。


喋り方、笑い方がガサツ


「仮に実年齢が若くても、恥じらいのない笑い方と喋り方、特に話す内容が気になりますね。例えば誰かの愚痴で盛り上がるとか、誰かの噂話とかは、おばさんくさい」(20代・建築)


見た目が若々しくても、口を開いたらおばちゃんっぽい人、あなたの周りにもいません?


まあ、接しやすさはあるかもしれませんが、ピュアさとか可愛らしさはそう感じないですよね。


笑い方や話し方が豪快な人は気をつけたほうがいいですね。


無理に若作りしている


「若作りしている時点でかなり老けて見える。若く見られたい気持ちもわかるけど、年相応のおしゃれをしている人の方が変に老けて見えないし、上品に見える」(30代・IT)


老けて見られたくないからと若作りをしている時点で、実年齢よりも老けて見えるそう。


だから、無理に若い人が着るようなファッションやメイクはマネしないほうがいいのかも。やっぱり、自分に合っているか、年相応かが大事ですよ。


老け見え防止のためには若作りではなく年相応と体のケア


無理に若作りをするよりかは、年相応のファッションや振る舞い、肌や髪のケアが大事です。


あとはガサツな言動を控えましょう。それだけでも変に老け見えはしないと思いますよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ