藤井聡太七段、初の囲み取材で赤面「対局より緊張」 ゲーム監修も私生活ではしない

藤井聡太七段、初の囲み取材で赤面「対局より緊張」 ゲーム監修も私生活ではしない

 将棋の最年少棋士で高校2年生の藤井聡太七段(17)が23日、都内で行われた自身が初めてゲームの監修を務めたNintendo Switch用オリジナル新ゲームソフト『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』(来年3月5日発売)記者発表会に登場。対局以外での囲み取材は初めてだそうで「初めての経験で、緊張しています。対局より、こちらの方が緊張しています…」と顔を真っ赤にして照れていた。



【写真】手をふる姿が可愛い…ゲームに登場する藤井聡太



 プライベートな質問が飛び、高校卒業後は「強くなるために大切な時期だと思っているので、棋力向上に努めたいというのが今の考えです」と意気込み。思い出深いゲームについては「自分自身、こういった(テレビ)ゲームをプレイすることはあまりなくて、今回、試用機でプレイしていろいろな新鮮な部分がありました」と丁寧に答えていた。



 同ゲームは、日本将棋連盟の公認を受けた藤井七段が、「キミをみちびくやさしい本格派」をキーワードに、将棋初心者へ向けた将棋ゲーム。弱いAIから手応えのあるAIまで幅広く細やかに調整されたAIをベースに、オリジナルストーリーを進めながらお題をクリアーしていくことで、将棋の基本ルールから多彩な手筋・定跡までを自然と学ぶことができる。



 今回のゲーム初監修について藤井七段は「まったく想像できないことで驚きました」と照れ。ゲーム内に自身が登場することから音声の収録、撮影もしたそうで「新しい経験をさせていただき、こうして、収録した素材がゲームに登場してうれしく感じました。音声の収録は初めての経験で非常に緊張しました」と伝えた。



 実際にゲームをプレイしAIと対局したことを明かすと記者から「当然、藤井さんの方が強いですよね?」と質問が飛ぶと「あはは、そうですね。AIと対局もしたのですが、棋力の調整が丁寧にされている印象でした」と説明。「最近のAIのトップソフトは高い実力を持っているという印象です。(実際のAIとの対局は)勝率はわからないですね…」と笑いながら明かした。



 ゲームは来年3月5日に発売し、価格は4500円(税別)。
カテゴリ