もう一度ラブラブに!彼のトキメキを復活させた方法

もう一度ラブラブに!彼のトキメキを復活させた方法

彼との交際が長くなると、マンネリ期間がやってきます。ある程度仕方ないことだとわかりつつも、昔の彼と比べてはちょっぴり切なくなりますよね。


もう一度ラブラブな関係になるのは難しいのでしょうか?


そこで今回は「マンネリから彼のトキメキを復活させた方法」についてご紹介します。



1.イメチェン、行ったことのない場所へ行く


「マンネリになった時期って、ちょうど私も毎度同じ手抜きファッションだったんです。なので思い切ってガーリーなワンピを買って、デートに挑みました。そしたら彼も『今日かわいい!』と喜んでくれましたよ」(26歳/IT)


「マンネリしたら行ったことのない場所へ行く!お互い不安や謎だらけなので、必然的に喋るようになり、関係が変わります」(29歳/アパレル)


こちらは王道の方法ではありますが、マンネリには効果抜群。


裏を返すと「同じような格好やデートばかりしていたから、マンネリになった」という可能性もありますからね。


全く違う1日を体験したら、その思い出が上書きされます。マンネリを消し去るいいきっかけになりますよ。


2.別カップルと会ってみる


「ちょうどマンネリ期に、先輩夫婦が家に遊びに来ることになって。子どもと接したり、先輩の話を聞いているうちに、彼も考えが変わったみたいです。『俺もあんな家庭を築きたいな』と言っていました」(27歳/営業事務)


ラブラブカップルと会うことで、彼を刺激する作戦はおすすめです。


あとはダブルデート以外でも、子どもがいる友達夫婦とホームパーティーをするとか。


新しい環境を見ることで、彼も何か考えるきっかけにもなりますよね。


「マンネリというより、彼女は隣にいて当たり前の存在なのかな」と思えれば、結婚も近くなるかもしれません。


3.あえて会わない


効果的なマンネリ打開策は?


「交際歴4年にもなるとマンネリを感じる時期がありました。それでも頑張ってデートしたのですが、イマイチ盛り上がらなくて……。それ以来、マンネリを感じたら、連絡は取っても、あえて会わないようにしたんです。そしたら彼のほうから『次いつ会える?』『早く会いたい』と言ってくるようになりました」(28歳/接客)


マンネリ期に必死に行動しても、すべて空回りで終わってしまう可能性があります。


それならいっそのこと、会わないようにするのも方法です。(ただし、すでに信頼関係が築かれているのならですが……)


この時に気をつけたいのは、連絡まで遮断しないこと。


連絡も取れなくなると、別れのフラグが立ってし、しまうかもしれません。


つかず離れずの距離を保って、彼に「やっぱり彼女に会いたい!」と思ってもらえるようにしましょう。


おわりに


1.2.3と、上記の順番で行っていくことで、リスクも少なくなるはず。


マンネリもふたりで乗り越えられれば、きっと結婚も近づきますよ。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ