火ノ丸相撲 注目キャラ特集 「大太刀高校」編

火ノ丸相撲 注目キャラ特集 「大太刀高校」編

2018年に放送された相撲を題材にした異色の部活アニメ「 火ノ丸相撲 」。今回は主人公の火ノ丸が所属する、大太刀高校(通称:ダチ校)相撲部の注目キャラクターを紹介します。


このページの目次

1 五條 佑真(ごじょう ゆうま)2 三ツ橋 蛍(みつはし けい)3 辻 桐仁(つじ きりひと)4 火ノ丸だけじゃない! みんなでダチ校相撲部だ!
■五條 佑真(ごじょう ゆうま)

画像引用元:©川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会


3年生。相撲部を勝手にたまり場にしていた学校でも有名なヤンキーでした。火ノ丸と出会ったことで過去の行いを反省し、相撲部に入ります。相撲は未経験ですが以前空手をやっていたことがあり、突っ張りを活かした相撲をとります。


自分の行いによって、部長の小関が相撲をとる時間を奪ってしまったことを、今でも申し訳なく思っています。根はまじめなタイプなので、自分を責めたり追い込み過ぎてしまうところがあります。


小関やチームのために勝ちたい、足を引っ張りたくないという気持ちが強く、罪を償うような気持ちで相撲をとっていました。そんな彼の心境の変化や、小関のやりとりに注目です。


ちなみに勉強はできるタイプで、相撲部のなかでも優等生です。妹の礼奈も、佑真たち相撲部の応援やサポートをしています。


■三ツ橋 蛍(みつはし けい)

火ノ丸相撲 注目キャラ特集 「大太刀高校」編画像引用元:©川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会


1年生。火ノ丸に憧れて相撲部に入学します。部員のなかで唯一、相撲どころかスポーツ経験すらなく、体格も一番小柄です。


もともとは火ノ丸のように小さな体で大きな選手を倒す、王道の相撲を目標にしていましたが、現実を見て別の道に進みます。それは「変化」と呼ばれる、相撲における奇襲戦法のようなものでした。


彼の一番のすごさはメンタルの強さです。変化で戦うことを好ましくないと思う人もいるなか、変化で勝つためのトレーニングを続けたり布石をうったりします。たった一勝をもぎとるために、何度土俵で相手に吹き飛ばされても諦めず、何度も戦い続けます。


インターハイ準決勝・鳥取白楼戦では、三ツ橋の覚悟と努力が土俵で発揮される名勝負が繰り広げられるので、ぜひ見てもらいたいです。


■辻 桐仁(つじ きりひと)

火ノ丸相撲 注目キャラ特集 「大太刀高校」編画像引用元:©川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会


1年生。火ノ丸とは子供の頃からの付き合いで、相撲部には選手ではなく、監督として参加します。監督として選手の特性・長所をいかした練習法を考えたり、他校と練習稽古などの交渉をしたりと、裏側から相撲部を支えます。


それまで火ノ丸がほとんどしていた部員への指導を代わりに担当して、火ノ丸の負担を減らします。また誰よりも火ノ丸のことを理解しているので、いち早く火ノ丸の変化に気付き、課題などに的確なアドバイスをします。


もともとは火ノ丸と同じくらいの実力をもつ、将来を期待された選手でした。しかし病気が原因で長時間相撲がとれなくなったため、選手からサポートする側にまわった経歴があります。


あくまで監督としてみんなを支えると誓ったはずでしたが、部員たちの姿に影響を受けて選手として再復活することを考えます。桐仁はもう一度選手として、土俵に立つことになるのでしょうか。


■火ノ丸だけじゃない! みんなでダチ校相撲部だ!

火ノ丸相撲 注目キャラ特集 「大太刀高校」編画像引用元:©川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会


 


ダチ校のメンバーはほぼ全員が相撲初心者ですが、個性がある部員たちが一生懸命頑張る姿がかっこいいです。


ついつい火ノ丸に目がいきがちですが、他のメンバーの人間ドラマも熱くて泣けます。力士として成長していくそれぞれの選手にも注目ですよ!





相撲アニメ「 火ノ丸相撲 」がアツい3つの理由





(あにぶ編集部/ふきのとう)
カテゴリ