ずっと一緒に…男性が「この人と付き合えてよかった」と思った瞬間

ずっと一緒に…男性が「この人と付き合えてよかった」と思った瞬間

男性が「この人と付き合えて、本当によかった」と思う瞬間は、人によっていろいろ。


今回はそのなかでも、「この子とは一生一緒にやっていけそう。ずっと一緒にいたい!」と思えるほど、愛おしく思えたエピソードをご紹介。


あなたの彼にも、使えるかも……!



違う性格なのに助け合えたとき


人それぞれこだわるところや、大切だと感じる部分が違いますよね。ここがちくはぐだと、うまくいかないと感じてしまうかもしれません。


でも、違うからこそ補い合い、助け合い、違う二人がカチッと噛み合うこともあります。そんなとき、男性は「付き合ってよかった」と感じるもの。


彼に無理に合わせようとしなくても大丈夫。お互い違う部分に惹かれ合っている部分もあるので、合わないと思ったときに、お互いを認めあえるよう、よく会話をしておくことが大切です。


たしかなコミュニケーションができていれば、意見がちがったとしても「個性」として認め合えるのではないでしょうか。


自分のことのように感じてくれる


彼女は一番親しい異性になるため、男性も「共感されたい」という気持ちが強くなるもの。


そのため、自分が感じている、嬉しい、楽しいといった感情を、自分のことのように感じてくれたときにも「付き合ってよかった!」と思うようです。


普段から、彼氏がどんなことを喜び、願い、感じているのかをよく観察してみましょう。


自分を彼に合わせて変えるのではなく、彼の価値観もプラスする、といったイメージです。


こうすれば、彼が幸せに感じることを、無理することなく同じように感じられるはず。


消費感覚が似ていたとき


付き合っていくなかで切り離せないのが、お金の話。


あまり露骨に話をしたくはないものの、もう子どもではありませんから、お金の使い方はお互い気になるものです。


節約する場面と、散財してもいいと思える場面が同じだと、付き合ってよかったと思うもの。消費感覚が似ていると、ケンカも少なくなります。


お金を使ったものに対する喜びや満足度も高くなるので、将来もうまくやっていけそうです。


親と親しくなれそうと思ったとき


二人の将来を考えるなら、お互いの両親との関係も重要。この人間関係がうまくいかないと、やっぱり二人の関係も難しいものになりがちです。


彼女が自分の親と仲良くなれそう、あるいは、自分が彼女の親と仲良くなれそうと感じたとき、男性はホッと安心するもの。これは男女の立場が反対でも、同じなのではないでしょうか。


将来結婚するとしても、付き合っている間でも、本当の家族のように仲良く、楽しく、助け合える関係になれるなら、これほど幸せないことはないはずです。


おわりに


1回や2回ではなく、何回でも、付き合ってよかったと思ってもらいたいもの。自分を変えて、彼に喜んでもらおうとしなくても大丈夫。


むしろ、ありのままと自分と彼。二人なりの「付き合ってよかった」を探していけることのほうが大切だと思いますよ。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ