キスマイ宮田、世界の“オタク”に感激「好きなことをして生きていくってかっこいい」

キスマイ宮田、世界の“オタク”に感激「好きなことをして生きていくってかっこいい」

 人気グループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉が28日放送のフジテレビ系年末年始特別番組『オタクのおたく』(深夜1:25)に出演する。アニメ・声優“オタク”として知られる宮田が、国内にとどまらず海外の“オタク”の自宅、つまり“おたく”を直接訪問したり、世界中の“オタク”の“おたく”とスタジオをスカイプでつなぎ直撃。芸能界を代表する“オタク”である宮田が情熱的な“オタク”の人生に迫っていく。収録後、宮田は「突き詰めていってかっこいい。本当に好きなことをして生きていくってかっこいいなと思いました」とリスペクトを込めて感想を明かした。



■宮田俊哉のTV出演情報



 “オタク”たちのこだわりが詰まった自宅に感動しきりの宮田は「毎年ドームツアーやっているのに、あそこまでお金を使えないですね。ジャニーズ、コスパ悪いのかな?」と漏らす場面も。次々と登場する“オタク”たちに共感しきりの宮田自身が「今年のコミケで3時間半並んで買った」という、お気に入りのグッズを手に自宅の部屋で自撮りした写真を披露する。



 出演の宮川大輔、山崎夕貴フジテレビアナウンサーは「飽きっぽい性格で、“オタク”と呼べるものがない」といい、宮田のアニメ・声優トークが止まらなくなると、山崎アナに「宮田さんの話が止まらないので次にいきましょう」と言われてしまう一幕も。



 今回の収録で客観的に“オタク”をみた宮田は、収録後、「“オタク”の良いところ、悪いところが見えました」と反省(?)の言葉も。しかし、「話し出したら止まらなくなるのが、すごくわかります。“オタク”のそういうところが好きだなと改めて思いました」と胸を張り、宮川は「好きなことを話す時の“オタク”の人たちの表情が本当に幸せそうでうらやましくなった」と憧れの感情も芽生えたよう。



 今回、宮川と宮田は初共演で、宮田は宮川の印象を「出演されている番組をテレビで見ていてゲラゲラ笑わせてもらっていました。今日お会いできてうれしかったです」と歓喜。宮川は宮田の“オタク”については以前から知っていたそうだが、「世界中の“オタク”に密着したVTRを見ていた宮田くんの横顔がほんま楽しそうで、かわいらしかったです。宮田くんがもっともっと好きになりました」と好印象を明かしていた。



 今回取材する“オタク”たちは日本のメディアとしては初密着。「お金はいつでも稼げるけど、バービーはいつ出会えるかわからない」をモットーに、1万2000体の人形を収集しているシンガポール在住の“バービー人形オタク”や、ギネス世界記録認定を受けた経歴を持ち「僕はスーパーマンにならなくてはいけない」という信念を貫くマニラ在住“スーパーマンオタク”など、個性豊かな“オタク”たちの素顔に迫っていく。



 そのほか、バブル期に観光地で流行していたファンシーなイラストが特徴的な土産物をコレクションしている日本在住の“ファンシー絵みやげオタク”の自宅には、バブル芸人こと平野ノラが訪問。他にも、スニーカー好きの宮川の質問攻めがとまらない日本在住の“スニーカーオタク”や、日本のゲームが好き過ぎて日本に移住し「NPO法人ゲーム保存協会」を運営するフランス人“ゲームオタク”たちを直撃する。“オタク”といえるものが自分にはないと話していた宮川だったが、「ひとつのものを愛しきるのがすごい。面白かったのでレギュラーでやっていきたい!」と意気込んでいる。



 宮川は「オタクの方からクイズが出題されるので、一緒に考えていただけたら面白いかなと思います。世界各国、いろんな分野でいろんな方がおられると思うので、興味がない方も見ていただけたらめちゃくちゃおもしろいと思います。全員全部みどころだと思います!」とアピール。宮田も「全部見どころって本当その通りです。きっと自分の知らない世界がそこにあるのがみどころかなと思います」と自信を込めている。



 また、25日の午後6時から番組終了後まで、宮川、宮田、山崎アナが出演するWEB限定動画もフジテレビ公式YouTubeチャンネルにて公開される。
カテゴリ