嵐、20周年ツアー完走に大野が感涙 活動休止発表は「命がけだった」

嵐、20周年ツアー完走に大野が感涙 活動休止発表は「命がけだった」

 人気グループ・嵐が25日、東京ドームで嵐20周年アニバーサリーツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』を開催した。昨年11月からスタートし、約1年をかけ50公演、237万5000人を動員。ついに最終公演を迎え、あいさつではリーダー・大野智が「ツアーの最中に休止発表させてもらいましたけど、発表後の4月からのツアーは正直、不安でした。正直…正直、怖かったです」と言葉を詰まらせながら吐露。「でも…本当にみんなが本当に優しい目で…僕らを見ていてくれたから。本当に優しい顔で…見守ってくれたから。僕はきょう、最後までやりきることができました」と絞り出すような声で涙をぬぐった。



【全身ショット】ピンク色のジャケットを着て…ガッツポーズで笑顔の嵐



 会場からの声援に応え「ありがとうございます」と頭を下げた大野の頬を涙が伝い「きょうまで4人の支えがなかったら、ここまで来られなかったし、4人にも感謝してます。この決断は僕にとって、本当に命がけでしたし…。みんなの想いもあるけど、ついてきてくれてきょうまで本当にありがとうございます」と感謝を重ねた。巻き起こる拍手のなかで「今年も残りまだありますし、来年1年この5人で最後まで僕らにできることを精一杯、最後まで走り抜こうと思っているので。絶対に最後までみなさんついてきてください」と呼びかけた。



 「感謝カンゲキ雨嵐」からスタートした本編では、20年の歩みを象徴するオープニングから開幕。その瞬間に演出と連動した客席の『5×20』ライトが一斉に灯され、ステージ高くから5人が姿を現すとファンは大熱狂の渦に。松本潤が「きょうは20年の感謝を届けに来ました。今から5万5000人、ライブビューイングの19万人のみんな、俺らが幸せにしてやるよ!」と高らかに宣言。櫻井翔が「東京~~~!」とぐるっと会場を見渡し「夢の時間へようこそl夢の世界へようこそ!さぁ同じ夢を見ようぜ!」と誘えば“嵐”のコールアンドレスポンスで会場をブチ上げる。



 また「アオゾラペダル」では櫻井がピアノの生演奏に挑戦。真剣な眼差しで鍵盤に向かう姿を5万5000人が固唾を呑んで見守った。やわらかな音色に4人が歌声で華を添えると、終盤には櫻井から「ここからはみなさんに歌ってもらうたいと思います」との呼びかけで嵐が向けたマイクと櫻井の伴奏に合わせてサビをファンが歌唱。感動的なムードがその場を包んだ。最後にはステージに5人の鮮やかな笑顔のイラストが浮かび上がり再び会場から大歓声があがった。



 MC後には、松本の指揮によって幕を開ける壮大なオーケストラコーナーや大野の圧巻のソロダンスから魅了するダンスメドレーなど趣向を凝らしたステージで一気に引き込む。思い出深いデビュー曲「A・RA・SHI」から始まるラストスパートでは、メインステージでジャニーズJr.が歴代のグループ衣装を着用して盛り上げる「a Day in Our Life」や、2003年から現在まで歌い継いだでは過去のライブ映像が映し出された「ハダシの未来」とこれまで積み重ねてきた日々を感じさせる演出で盛り上げた。



■嵐、感謝の言葉のなかにも固い絆「この5人じゃなければ」「この4人とだから」



 本編のラストは一人一人がファンへの感謝の気持ちを語る。櫻井は「さぁ嵐、風速あげていくぞ」と力を込め、「数々のチャレンジをしていくことになるから、もしかしたら速度についていけないと思う人がいるかもしれない。それでも俺は言う、『どうか、ついてきてほしい』。何度でも何度でも必ず、言い続けます。『ついてきてほしい』。なぜならば、今は今しかないから。だからどうにか同じ景色を見てもらいたい。まだ見ぬ世界へみんなと行きたいと思ってる。言葉をひっくり返すとこの4人とみんなとじゃないと、まだ見ぬ世界なんか見たくない。この4人とみんなとだから見たい景色がやまほどある。まずは未だ誰一人として見たことない景色のひとつ、来年の5月、新しい国立競技場で待ってます」と熱い想いをぶつける。



 国立競技場や北京公演など来年もビッグイベントが目白押しだが、二宮和也は「やりたいことはたくさんあるけど、僕らがここから頑張らなきゃいけないのは、今、発表しているものだけにならないこと。みんなと逐一、楽しい思い出を作っていけたら。僕的には2020年の12月31日23時59分59秒、際の際までみんなと一秒でも長く楽しい思い出を作っていきたい」と意欲。「本当に楽しいコンサートだった。4人も楽しそうだったし、その4人をみながら、嵐はこの4人でよかったなと。本当に僕も入れてこの5人で良かった。この5人で20年もやっていけてよかった。都度都度、『この5人じゃなきゃ』って言ってきたけど、この言葉の先にはみんながいる。嵐のファンがあなた達でよかった」と愛ある言葉を送った。



 続く相葉雅紀は「嵐の20年、いかがでしたか!? 楽しかったですか!? 僕もめちゃくちゃ楽しかったです!」と声を弾ませ「1回1回、本当にきれいな景色を50回も見せてくれて感謝でしかありません。でもペンライト、めちゃくちゃキレイだけど! なにより一番キレイなのはきみたちの笑顔だぞ!」と100点満点のアイドルぶりを発揮。「20年やってこられたのはみんなのおかげだし、一人ひとりに感謝しかありません。メンバーにも感謝だし、この5人じゃなければ。大好きな嵐と、みんなと、みんなでこの景色を作れたことは僕の財産になりました」と感慨深げ。そして「活動休止とかいてパワーアップと読むと思っていますので絶対に戻って来たい」と固く約束した。



 最後の松本はこの1年を“激動の1年”とし、「2019年11月3日で満20年、21年目に入りました。21年目からやったことのない新たなチャレンジもしています。でも、これだけは覚えておいてください。僕らが今チャレンジしていることは、みんなに一番に届けたくて、一番はやく、一番近くに感じてもらうためにこの手法を選んでやってます。それは間違いない! 戸惑いもあるかもしれないし、その方法じゃないほうがいいと思うかもしれない。でも僕らを信じて、この道を一緒に歩んでほしい。その先にみんなで見たい景色がまだまだあるんです。みんなで一緒に見るためにはスピードもあげないといけない、力強く自分たちの思いを通さないとできないこともあるかもしれない。だから、どうか、僕らについてきてください。櫻井翔、相葉雅紀、大野智、二宮和也、僕、松本潤。この5人でみなさんに届けたい景色がまだあります。これからも僕らを信じてついてきてください」と訴えた。



 この日は音楽ライブビューイング史上最大規模となる全329館、617スクリーン、約19万人が会場の5万5000人と合わせて、5人の新しい記念日を見守った。あいさつのなかで5人がそれぞれ言葉で繰り返したのは「この5人じゃなければ」という言葉。終演後も鳴り止むことのない『嵐』コールに後押しされ、再登場した松本から「泣いてましたよね?」と突っ込まれた大野は観客の冷やかす声に照れながら「泣いたっていいじゃないですか!」と開き直る場面も。松本は「またきょうの夢の続き、やりましょう。会場で待っているので」と再会を約束。最後は“懐かしの”『三本締め』によって笑いあり、涙ありの3時間半以上に及ぶステージを終えた。



■『ARASHI Anniversary Tour 5×20』セットリスト



01.感謝カンゲキ雨嵐

02.Oh Yeah!

03.Step and Go

04.言葉より大切なもの

05.Find The Answer

06.I'll be there

07.迷宮ラブソング

08.La tormenta 2004

09.Breathless

10.Everything

11.果てない空

12.アオゾラペダル

13.復活LOVE

14.Believe

15.Lucky Man

16.夏疾風

17.BRAVE

~オーケストラOverture~

18.COOL&SOUL

19.マイガール

20.One Love

~ダンスブリッジ~

21.Face Down/つなぐ/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~/Sakura

22.truth

23.A・RA・SHI

24.a Day in Our Life

25.ハダシの未来

26.サクラ咲ケ

27.きっと大丈夫

28.Monster

29.Troublemaker

30.ワイルドアットハート

31.GUTS!

32.君のうた

33.5×20

【アンコール】

34.ファイトソング

35.エナジーソング~絶好調超!!!!~

36.PIKA★★NCHI DOUBLE

37.Love so sweet

38.Happiness
カテゴリ