彼の兄弟構成別・ウソを隠しているときの態度

彼の兄弟構成別・ウソを隠しているときの態度

人はウソをつく際に必ず身体に現れるとされています。でも、それは性格や血液型によってさまざま。


一体どういうアクションがウソのサインなのか見極めておくことで、騙されることもなくなるはず。


そこで今回は、彼の兄弟構成別に“ウソを隠しているときの態度”をご紹介いたします。



長男の彼は…目を合わせようとしない


長男の彼は、ウソへの罪悪感を持っています。そのため、疑惑の核心に迫る質問をして相手の目を見つめて目線をチェックしてみるのが、最もシンプルで簡単なウソを見破る方法です。


質問をした時に目が泳いだり、あたふたと慌てている様子が伺えたらウソをついている可能性が高いでしょう。


逆に凝視をし続けてきたり、アイコンタクトが不自然に長すぎるパターンの場合も要注意です。


視線の動きは一瞬ですが、その瞬間的な動きに無意識の深層心理がよく表れます。


真ん中っ子の彼は…鼻、口元、手などを隠す


真ん中っ子の彼は、基本的に動揺しているときは、手足がいつもより余計に動きます。


ウソをついている時によく起こるしぐさとしては、鼻を触る、鼻の下を指でこする、手で口元を覆い隠す、ポケットに手を突っ込む、顔を触る、髪や頭を掻くなどです。


会話をしている時、やましい部分の話題に触れた瞬間に これらのリアクションが伺えたら隠し事がある危険信号かもしれません。


テーブルの下で足がやたらと動いているならほぼ確実でしょう。


末っ子の彼は…急に怒り出す、逆切れする


末っ子の彼は…急に怒り出す、逆切れする


末っ子の彼はウソをつく際に、よく“逆切れ”したりすることが。これは威圧的な態度で相手を制圧し、自分の過失を隠そうとする手口です。


ウソをついている箇所を追求されるとボロが出そうになるので、あえて怒りをあらわにする事で、論点をずらそうとしてきます。


また、言い訳や口実の言葉が思い浮かばなかった時、駄々っ子のように暴れるという仕組みです。ひとまず落ち着かせてから、LINEやメールで再度突っ込むのが得策でしょう。


一人っ子の彼は…話をはぐらかす、その場から去る


一人っ子の彼はコミュニケーションや会話が下手なので、心の中にわだかまりがあると、すぐ言葉に表れます。


言葉を濁して話題を変えようとしたり、その場を離れようとするのがウソのサイン。もし「なんかいつもと違うな」と思ったら 同じキーワードを繰り返し言ってみたり、怪しい点を複数回質問してみましょう。


すると、最初は冷静にうまく受け答えしていたとしても、不意打ちに慌ててしまい、口がすべってしまうはずです。


おわりに


ウソにはさまざまなものがあります。相手を傷つけるものから、実は優しさが込められているものまでたくさん。


時には見破り、また時には分かっていながら泳がせることもあるかもしれません。


でも、どんなウソでもつかれた側は良い気持ちではありません。それを相手に伝えることが、ウソを防ぐ一番の秘策なのかもしれません。


(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ