逆効果…!男性からするといらない「女子の気遣い」

逆効果…!男性からするといらない「女子の気遣い」

大好きな彼氏のため、ついついやってあげたくなることってありますよね。でも、逆にそういうことはしないでほしい……と思われているとしたら、悲しすぎます……。


そこで今回は、どんな気遣いが不要なのか男性陣に調査してみました。


あなたもこんな経験、ありませんか?それ、じつは「いらない」と思われているかも……。



洗濯物が違う順番で…


「僕の彼女は僕の家の合鍵を持っているので、僕の帰宅より早く彼女が家に来ることもあるんです。

そんなとき、洗濯物をたたんでくれていて、その気づかい自体は嬉しかったんですが……。


僕は服の種類や色でしまう場所や、かけ方、服の並べ方を決めているので、彼女がした後は、せっかくだけど毎回たたみなおし、並べなおすことがあります。

本当に悪いとは思いつつも、『干したままにして置いてほしい』と提案しました」(28歳・男性・飲食店勤務)


きっと「彼もお仕事から帰ってきてたたむとなるとしんどいよね。たたんであげる!」という、彼女なりの優しさなのでしょう。


ただ、彼が神経質だったみたいです。こういう男性もいることを想定して、ひと言たしかめておいたほうがよさそうですね。


ガチガチな旅行の計画を提案


「彼女との旅行が近づいたある日、彼女が3日間の予定をズラリと書いた紙を持ってきて……。

『ここがおいしいお店なんだって』『ここのお昼は人がいっぱいだから、先にこっちに行こうよ!』と、なんだか修学旅行のようなスケジュール。

私としては、時間通り次に行かなければならないというのは窮屈ですし、旅行はゆっくり楽しみたかったです」(32歳・男性・会社員)


旅行の計画は、考えているときも楽しいですよね。


ただ、人によっては予定が時間刻みでズラリと並んでいるのは、息苦しくてイヤというタイプの男性もいます。


旅行するとなればずっと一緒にいますから、のんびり気ままに過ごしたい人なのかどうか、計画を立てるほうがいいかどうか、話し合いながら計画を立てるほうがよさそうです。


飲み会の後のお迎えは嬉しいけど…


飲み会の後のお迎えは嬉しいけど


「彼女は運転免許を持っていて、ドライブに行っても運転を交代してくれる気の利くいい子。

ただ、飲み会などがあったときに『帰り、迎えにいくよ!』と言われるのは、ちょっと困ってます。


確かに帰るのは楽ですけど、飲み会ってその場のノリで時間が伸びることもあるじゃないですか。

予定の時間が迫ってくると『彼女が待っているかも……』というのがずっと頭にあるので、飲み会自体楽しめなくなるんです……」(29歳・男性・会社員)


こうした時間やタイミングが絡むものは、「終わったら連絡してね。○時までなら迎えにいけるから!」という、彼に選択してもらうほうがよいでしょう。


迎えに行くこと自体を重くとらえる男性もいるため、「ついでに迎えに行くよ」くらいがおすすめです。


おわりに


自分目線だけで相手を気遣うと、思っていたような結果にならないこともあるかもしれません。


実際に行動する前に、彼に一言話してみてはいかがでしょう?


彼を残念な気持ちにさせることを避けられますし「考えてくれてるんだ」という気持ちだけが伝わって、きっといい結果を得られるはずです。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ