さすがに言っちゃダメ!男性を「本気で傷つける」NGワード

さすがに言っちゃダメ!男性を「本気で傷つける」NGワード

軽い気持ちで発した言葉が、男性を傷つけてしまっていることもあったりします。


そういったことに気づかないままでいると、いずれは嫌われてしまう危険性も高いでしょう。


そこで今回は、男性を「本気で傷つける」NGワードを紹介します。



「◯◯さんに聞いたほうが早かったです」


男性は女性から頼りにされると素直にうれしいですし、優越感だって満たされるものです。


だからこそ、何かわからないことや困ったことが起こったときに、「◯◯さんに聞いたほうが早かったです」と、自分ではなく他の男性を頼られるとショックを受けるはず。


「あなたにはわからないでしょうから」と言われている気分にもなるので、プライドも大きく傷つけられることでしょう。


気になる男性の目の前で、他の男性と比べたり、他の男性のほうが優れていると言ったりするのは、絶対にやってはいけない行為ですよ。


「だと思った」


男性が何かをしてくれようとしたけれどうまくいかなかった際に、それを責めるようなセリフは言うべきではありません。


ミスをしてしまうことだってあるものなので、そこに追い討ちをかけるようなことをしたら嫌われるだけ。


「うまくできなかった」と言う男性に、「だと思った」なんて返答をしたら、さすがにイラッとされるでしょう。


この言葉には「最初からできないと思っていた」というニュアンスも含まれている感じがするので、思っている以上に男性を傷つけることになってしまいますよ。


「なんか楽しいことないかな?」


一緒にいるときに、「なんか楽しいことないかな?」なんて女性から言われたら、内心傷つく男性も結構いるみたい……。


「俺といても楽しくないんだな」と感じるので、男性としてもあなたとの時間を気まずいものとして捉えるようになってしまうかもしれません。


そんな深い意味はなく、なんとなくで口にしやすいセリフでもありますが、やはり男性とふたりでいるときには言ってはいけません。


ふたりで過ごすことを女性が楽しんでくれていないように見えたら、男性としてはもう誘い出す勇気が出なくなるものですよ。


「◯◯くんには無理でしょ」


「◯◯くんには無理でしょ」


やる前から無理だと決めつけられたら、単純に腹が立ちますし、信頼されていないとも感じるはず。


そんな女性のことは男性も信頼できないので、ふたりの関係性がいい方向に進まなくもなっていくことでしょう。


たとえ軽い気持ちであっても、「◯◯くんには無理でしょ」などと頭ごなしに否定をするような発言をするのはNG。


味方になるのではなく、敵対関係のようになることを言ったら、愛情ではなく憎しみを持たれてしまうだけですよ。


おわりに


特に、男性のプライドを傷つけるようなセリフを言うのは、一番のNG行為です。


そういったことを平気で言ってくる女性に対しては、好意なんて持てるはずがないですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ