デート中、男性が相手に「してほしい」と思うこと

デート中、男性が相手に「してほしい」と思うこと

デートのときに男性がなにを望んでいるかわからない……なんてことはありませんか?


男性はあまり自分の気持ちを表現しない傾向にあります。そこで今回は、「デートで女性にしてもらえたら嬉しいこと」について男性の声をまとめました。


特に、恋愛に不慣れな男性に対しては喜ばれることばかり。ぜひ実践してみてください。



積極的にリクエストしてほしい


女心は難しいもので、正直なにをしてほしいのか、わからないと感じている男性も少なくありません。


女性は心が感じることそのものが「~してほしい」の根拠になりますが、男性の場合は、根拠があって、その後、感情がついてくることが多いもの。


だからこそ、女性側から積極的に「私○○がいい!」とリクエストしてくれると、とても助かります。


デート中、積極的にリクエストして、それに応えてもらったら、しっかり喜ぶ・感謝する。このプロセスを繰り返せば、そのうち彼は、言わなくてもやってくれるようになるため、女性にとってのメリットも大きいはずです。


デートの感想を教えてほしい


その日は笑顔で満足そうだったのに、後日、デートでの不満を言われ「え!? そんなとこなの!?」と反応する男性。


こういった話、筆者の周りでもよく聞きます。女性にとっては当たり前の配慮でも、男性からは、斜め上からの発想に思えてしまうのです。


デートの感想は、その日に伝えてあげるとよいでしょう。


「どこが良くて、次からは○○してほしい」など、感情を説明するより、シンプルに“してほしいこと”を伝えるのがおすすめです。


好き嫌いは理由もセットで


男性からすると女性は、突然不機嫌になったかと思えば、予想もしなかったことで上機嫌になる謎な生物。


しかし、理由がわからないことには、やはり戸惑ってしまいます。


なぜいま不満なのか。どうしてこの瞬間が幸せに感じるのか、説明できるのであれば、心で感じていることを丁寧に伝えてあげてください。


理由がわかれば男性も納得。「相手の女性が○○だから、こうしよう」と、行動してくれるようになるはずです。


違う価値観はくらべて話し合いたい


違う価値観はくらべて話し合いたい


共感よりも、集めた情報を吟味し合う会話のほうが、男性の性には合っています。


そのため、「なんでわかってっくれないの?」「○○のほうが好き!」と訴えるよりも、違う価値観を話し合うほうが、男性は助かります。


「私はこう感じるだけど、どうかな?」

「女って、こういうときは○○って感じるんだよ」

「○○くんだったらどう?」

「あ、そういうところが違うんだね~(笑)じゃあ○○してみるのはどう?」


こんなセリフが出るような話し合いができ、そしてその習慣があれば、男性も安心してお付き合いができると感じるはずです。


おわりに


男がなにを考えているのかわからないのは、女性にとってもよくあること。


結局はお互い「伝えること」が大切です。


特に、相手の男性が恋愛に不慣れだと、「男女で違うという可能性」すら気づかないかもしれません。ぜひ自分から思ったことを伝えてあげてください。


難しいこともあるかもしれませんが、気の利く男性に成長してくれることは、間違いなしです!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ