なにわ男子&Lil かんさい、関西駅伝で激走「2020年も突っ走っていきたい」

なにわ男子&Lil かんさい、関西駅伝で激走「2020年も突っ走っていきたい」

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の西畑大吾、高橋恭平、藤原丈一郎とLil かんさいの嶋崎斗亜、西村拓哉が30日放送のカンテレバラエティー『こやぶるSPORTS 大忘年会SP』(後3:50※関西ローカル)に出演。年末の風物詩として今年で14回目を数える『関西駅伝No.1決定戦』になにわ男子から3人が初参戦。昨年グループで出場して8チーム中7位に終わってしまったLil かんさいの2人とともに、5人チームで悲願の初優勝を狙う。



なにわ男子のテレビ出演歴



 キャプテンを務めた藤原は「やっぱり僕たちジャニーズなので、走っているシーンでは“キラキラ”出来たんじゃないかなって思います。関西ジャニーズJr.の今の力を見せられたんじゃないかなと。このままの勢いで2020年も突っ走っていきたいです!」と自信をみせた。



 同大会では、野球界から阪神タイガース、オリックス・バファローズの2チームが登場。ほかにも、バンビシャス奈良(バスケットボール)、ドラゴンゲート(プロレス)、さらには、よしもと、松竹芸能と多種多様なチームが参戦。例年にも増して、激戦が繰り広げられた。



 オープニングでは、各チームが意気込みをアピールし火花を散らすなか、なにやら藤原はニヤニヤ。実は藤原、大のオリックス・バファローズファンであり、一緒に走れることがうれしくて仕方がない様子。西畑から、「さっきからずっとオリックスの選手に大きな拍手しています」と暴露される一幕も。いよいよ駅伝スタート。第一走者を務めるのは藤原。大好きなオリックスの中川圭太選手を後ろから追いかけ続けるが…。ほかにも、陸上経験のある西畑、最近までランニングをしていたという高橋、さらに昨年経験者の嶋崎、西村も激走をみせる。



 収録後、西畑は「第一走者の丈くん(藤原)がまだ一番疲れています(笑)」とチクリ。すると藤原は「『途中で追い抜く』って考えていたんですけど、周りはプロアスリートばっかりなので甘かったです(苦笑)。でも、隣にオリックスの中川さんがいて、めちゃくちゃテンション上がりました(笑)。ずっと中川さんの背中見て走っていました」とバッファローズ愛を全開に。「(中川選手の背番号)『67』って数字、今年一番見たと思います。今日活躍したら、オリックスに入れるかもしれないので、『背番号何にしよう?』って考えながら走りました(笑)」とボケ続けた。

 

 また、高橋は嶋崎から「恭平くんは、マジ遅かったです」と指摘。藤原からも「最後、歩いてたやんな?」と突っ込まれ高橋は「いやいや!観客の方に、ファンサービスしていたんですよ」と弁解。 西畑は「僕は咳が止まらなくなるという、傷を負いました…。でも、みんなで走って、久しぶりに『ONE TEAM』になれた感じがしました」と流行語を引き合いに団結力をアピールした。



 このほか、今年16年在籍した阪神タイガースを退団し、去就が注目されている鳥谷敬選手が登場し、MCの小籔千豊らとトーク。球団やファンへの思いなど、ぶっちゃけトークを展開する。また、年末恒例スポーツ爆笑バトル『野球大好き芸能人軍vsプロ野球レジェンド軍』に現役助っ人として、阪神タイガースの梅野隆太郎選手、オリックス・バファローズの杉本裕太郎選手が参戦し、今年大ブレイクしたEXITら芸人チームと野球対戦。今年、モチベーションが上がらないことを理由に1軍昇格を拒否し、世間の話題をさらった阪神タイガースの助っ人・ソラーテの今を追いかける特別企画も送る。
カテゴリ