ここがポイント!気になる男性とグンと「距離感を縮める」コツ

ここがポイント!気になる男性とグンと「距離感を縮める」コツ

気になっている男性がいるのなら、少しでもいいから距離を縮めたいと思うものでしょう。


そのためには、待っているだけでは何も変わらないので、女性側からも動き出すことが大切です。


そこで今回は、気になる男性とグンと“距離感を縮める”コツを紹介します。



挨拶にひと言加える


気になる男性との距離を縮めていくための第一歩は、ちゃんと挨拶をすること。


そして、ただ挨拶をするだけではなく、一緒にひと言をつけ加えるようにすると、そこからコミュニケーションが生まれるようにもなるでしょう。


「おはようございます。今日はいつもより早いですね」とか「お疲れ様です。今日のネクタイ、オシャレですね」などと言えば、そこで軽い会話もできるはず。


そういったことをくり返していけば、話しかけやすさや親しみも湧いてくるので、距離もどんどん縮まっていきますよ。


ちょっとした“接触”を増やす


気になる男性とデートをしたり食事をしたりといったことは、なかなかいきなりはできないはずです。


そんなじっくりとふたりで過ごす時間は作れなくても、ほんの数分話せるだけの機会でもいいので、とにかく接する回数を増やすことが大事。


ちょっとずつでもたくさん接していれば、親近感を抱きやすく、気軽に近づける相手だと男性は感じてくれるでしょう。


休憩時間にちょっと話す、帰宅時の電車で話す、会社の飲み会で隣に近くに座るなど。


接触できるところでは積極的に近づいていくと、なんとなく好意も感じ取ってもらえますよ。


“会話のバランス”を保つ


“会話のバランス”を保つ


距離を縮めるためには、何よりも会話する回数を増やしていくことが大事になってきます。


でも、ただ会話をすればいいわけではなく、ちゃんとふたりの会話のバランスを保つこともとても重要です。


話しすぎず聞きすぎないというのがポイントで、どちらかが一方的に話しているような状態にはならないように気をつけるべき。


自分の話をちゃんと聞いてもらえて、相手も楽しそうに色々と話してくれたら「この子とはまた話したい」と男性は感じてくれますよ。


適度に誘いの言葉を投げかける


女性から誘いの言葉を投げかけられたら、やはり男性はうれしいですし、ドキッともするもの。


社交辞令っぽくてもいいので、「たまには飲みに連れて行ってくださいよ」とか「今度あのお店行ってみましょうよ」なんてサラッと言ってみるのは効果的でしょう。


誘いたい気持ちがあっても、断られそうな不安が大きいと、男性はなかなか女性に声はかけられません。


だからこそ、適度に女性から誘いの言葉を口にしたり、飲みに行きたいアピールをしてあげたりすると、男性も不安が消えて一気に誘いやすくなるはずですよ。


おわりに


好きな男性とは、焦らずにちょっとずつ仲良くなっていけたら、ちゃんと信頼関係も築いていけるはずです。


そうなれば、もちろん恋愛対象としても意識してもらえるようになっていくでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ