近藤真彦が語るジャニーさんとの秘話 『愚か者』でレコ大受賞に「密かに喜んでくれた」

近藤真彦が語るジャニーさんとの秘話 『愚か者』でレコ大受賞に「密かに喜んでくれた」

 年末恒例の『第61回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、今年7月に亡くなったジャニー喜多川さんに「特別音楽文学賞」が授与され、ジャニーズ事務所を代表して近藤真彦が盾を受け取った。



【写真】亀梨和也も特別企画に登場!土屋太鳳と笑顔でトーク



 近藤はジャニーさんについて「僕にとって恩人で、ジャニーさんがいなければ今の僕はいない。僕だけじゃなくてうちの後輩全員がそう思っていて、僕達にとっての恩人ですね」と思いを吐露。自身が「愚か者」で『第29回レコード大賞』を受賞した際には「それまでジャニーズ事務所で大賞を獲るチャンスがなかったので、僕の大賞は事務所一丸となって獲りに行ったという記憶があります。それで大賞を頂いて、ジャニーさんは顔に出す人じゃないので、密かに喜んでくれたと思います」と振り返った。



 また、「ジャニーさんは『僕は裏方だから』って言う割には、表も好きな人だったので、喜んだと思います」と密かなエピソードも紹介。ジャニーさんの功績を紹介するVTRも放送され、近藤は「僕がデビューして40年の間だけでも、本当に数々のヒットグループを出して、本当に素晴らしい人だったなと思います」と改めて讃えた。



 そして、全国のジャニーズ事務所のアーティストのファンに向けて「ジャニーズから始まりましてジャニーズ事務所、ジャニーさんはこういう形でいなくなってしまいましたけど、ジャニーさんのイズム“Show must go on”、そしていつまでも茶目っ気のある『You、やっちゃいなよ』の精神で頑張っていきますので、これからもジャニーズ事務所を応援してください」とあいさつした。
カテゴリ