女性から見た「性格良い美人」に彼氏ができない惜しいワケ

女性から見た「性格良い美人」に彼氏ができない惜しいワケ

この人キレイでいい人なのに、どうして彼氏がいないのかな、と思う人が周りにいませんか?


同性から見て「性格良い美人」でも、男性との関わり方につまずいている女性は、意外とたくさんいるよう……。


今回は、そんな女性たちに彼氏ができない惜しいワケを紹介します。



モテる…けど、男性への警戒心が強すぎ


女性から見て性格が良い美人なのに、彼氏がなかなかできない人の特徴として、男性への警戒心が強すぎる傾向が挙げられます。


ある程度キレイにしている女性であれば、人並みに男性からの声がかかるはず……。


つまり、モテることはモテるのですが、意外と本人は恋愛や男性に対する免疫がなく、彼らとの間に厚い壁を作ってしまっているのです。


思春期の頃から男性に慣れていないかぎり、大人になっても異性を警戒してしまう、というのはよくあることでしょう。


そんな人は、自分よりさらに恋愛が苦手な女性のアドバイザーになることで、「もう男性を怖がらなくていい」と、自分への許可が出せるかもしれません。


イケてる輪に溶け込み、焦りがない


何年も「お一人様」な人は、恋愛経験豊富でイケてるコミュニティーに溶け込んでいるので、焦って彼氏を作らなくてもいい、という感覚になっている場合があります。


見た目が華やかで、コミュニケーションにも問題がない場合、たとえ恋愛経験が少なくても、イケている男女が集まるイベントなどに普通に誘ってもらえることが多いでしょう。


つまり、女としてのステータスは決して低くない……と感じられるような、一見「キラキラした」環境にいることが、逆に彼氏作りを妨げていることも珍しくありません。


実は枯れている


女性から見て、キレイでさらに性格美人なのに長年彼氏がいないという人は、実は「すでに枯れている」という可能性があります。


ルックスは抜かりなく、気を遣ってキレイにしているので、まさか誰も「お一人様」だとは思わない、でも実は全然恋愛に興味もなく縁もない……そんな状態。


このタイプは、本能から男を求めることをすでに忘れているはず……。


長年そのような状態だと、「自分は男という生き物から求められていない」というセルフイメージが固まり、ますます恋愛を遠ざけてしまいます。


女姉妹で育ってきた


女姉妹で育ってきた


年の近いお姉さんか妹がいた場合、小さい頃から二人は仲良しでありつつ、ライバルでもあったはずです。


女姉妹がいい恋愛をしていたり、いい人と結婚していたりすると、心のどこかで憧れつつ「負けられない」という気持ちが芽生えてくるもの……。


女姉妹で育つと、一緒にオシャレを楽しむ「美人姉妹」になることが多いですが、服と違って、恋人だけはシェアするわけにはいきませんよね。


「お姉ちゃん(妹)に自慢できるような人じゃないとだめ」と、自ら恋愛のハードルを上げてしまっている人は、自分の男性選びの判断基準に、もっと自信を持つことが大切です。


恋愛は心理戦。受け身の美人に春は来ない!


女性から見ての性格良い美人は、たいてい、男性から見てもそんなに問題のある人ではないはず……。


間違いなく、需要だってあるのです。


でも彼らは、脈がない女性にアプローチしたいとは決して思いません。


恋愛は「恋愛対象として許容範囲」な異性の中で、何かが起こりそうな予感、を敏感にキャッチした相手と何かが起こる、という仕組み。


そんな予感を目当ての異性に感じさせるために、日夜多くの「心理戦」が繰り広げられているわけです。


いくら美人で性格が良くても、「いつかいい人が現れれば……」と待っているだけの受動的な人に、決して運命の人は現れません。


「男性とのご縁が欲しい!」と思うのであれば、焦らずに少しずつ……。


あなたにできる恋愛テクニックを、一つずつ試してみることをおすすめしますよ。


そのうえで一番大切なのは、あなたの「素直な気持ち」をオープンにすることです。


恥ずかしがらずにいきましょう。


(ちりゅうすずか/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ