野球・日本代表とガチ対決『とんねるずのスポーツ王』

野球・日本代表とガチ対決『とんねるずのスポーツ王』

 毎年恒例、お正月の風物詩といえる『とんねるずのスポーツ王は俺だ‼』。お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明&木梨憲武が、スポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑む『スポーツ王』の5時間スペシャルが、きょう2日(後6:30~11:30)に放送される。野球対決では、「東京五輪直前!真の日本代表を賭けたリアル野球BAN」と題し、石橋率いるチーム帝京が五輪代表の座を狙い(!?)、「世界野球WBSCプレミア12」で世界一に輝いた侍オールスターと、東京ドームを舞台にガチバトルを繰り広げる。



【写真】ゴルフ、卓球、ラグビー&サッカー対決の出演者



 侍オールスターのメンバーは、史上初、3度目のトリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁以上の成績)を達成した山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)、2018年に日本人選手として史上最速で100本塁打に到達した山川穂高(埼玉西武ライオンズ)、そして「野球BAN」初登場の2選手、「プレミア12」の4番打者で大会MVPに輝いた鈴木誠也(広島東洋カープ)と、捕手として史上4人目の首位打者、パ・リーグのMVP、年俸が大幅アップし2億円プレーヤーとなった森友哉(埼玉西武ライオンズ)。日本が世界に誇る強打者たちが石橋らの前に立ちはだかる。



 一方、「東京五輪の代表は俺たちだ!」と、世界一の侍オールスターを迎え討つチーム帝京は、石橋貴明、吉岡雄二、ゴルゴ松本、杉谷拳士(北海道日本ハムファイターズ)らおなじみのメンバーに加え、病気を克服して復帰を果たした強肩強打のキャッチャー・原口文仁(阪神タイガース)、侍オールスター抑えの切り札・山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)の2選手が初参戦。



 世界一に輝いた侍オールスターを迎え討つにあたり、チーム帝京は秘策を準備するなど万全な体制でその日を迎えた。山崎が前日から念入りに作成したお手製の“康晃メモ”には、森が運転免許の学科試験に何回落ちたかなど、精神的な揺さぶりをかけることも可能な選手データが満載。さらに、パワーヒッターぞろいの侍対策として、マシンに“魔球”をセットする念の入れようで…。いざ、バッターボックスでその魔球を目の当たりにした森は…。



 このほかの競技では…。ゴルフ対決には全英女王・渋野日向子が初参戦、畑岡奈紗・原英莉花と女子プロ黄金世代チームを結成し、とんねるず&石川遼&古閑美保と戦う。2019年、日本中が熱狂したラグビー界からは日本代表選手・松島幸太朗、大西将太郎、浅原拓真が初参戦。木梨、サッカー界のレジェンド・中村俊輔&遠藤保仁、2度目の参戦となる俳優・成田凌らと真剣勝負を繰り広げる。卓球対決では、石川佳純(卓球)だけでなく、羽根田卓也(カヌー)、森ひかる(トランポリン)、長崎美柚(卓球)ら東京五輪のメダル候補たちが、とんねるずと対戦する。
カテゴリ