もっと気楽に付き合える!デートで男性がしがちな「無理」を止める方法

もっと気楽に付き合える!デートで男性がしがちな「無理」を止める方法

男性は好きな女性につい“無理”をしてしまいがち。


というのも、男性は結果や数字など、目に見えるもので愛情表現をする傾向にあるからです。


とはいえこれが続くと、男性自身も疲れて、肝心の愛情を育てる前に、交際が難しくなるケースも……。


そうならないためにできること、ご紹介します!



男女が交際中にしてしまう無理


まず、男女が交際中(デート中)にしてしまう“無理”には、どんなものがあるのか見ていきましょう。


【女性(彼女)の場合】

・彼の好みや要求にできる限り応えようとする

・自分の好きより、彼の好きに合わせようとする

・本当はイヤなのに、愛情だと思い込もうとする


【男性(彼氏)の場合】

・高いものをプレゼントしてしまう

・いい男だと思われたいばかりに、お店選びで見栄を張る

・自分の時間を犠牲にして、長電話などに付き合ってしまう


どちらにも共通しているのは、自分の限界ライン(財力や時間、労力)を相手に合わせて決め、これにより好意を得ようとしている点です。


男性が無理をしてしまう理由


彼氏が無理をしていることに気付かない女性も意外と多いとのこと。そこで、いちど男性心理に目を向けてみましょう。


男性は、彼女を特別な女性と思っていることを証明したがる傾向にあります。


それ自体は間違っていませんが、その方法が“高価なプレゼント” “センスのいいお店” “最高のエスコート”といったものになりがちです。


その反面「ちょっとしか会えないなら、デートする意味がない」とか、「(彼女が病気のとき)おかゆなんて簡単すぎるから、あまり喜ばれないだろう」と、考えてしまうケースも……。


彼氏でない人は、お金・時間・労力をかけないだろうから、高いお金・多くの時間・大きな労力をかけることが「彼氏の証明=彼女からの好意を勝ち取れる」と考え、無理をしてしまうというわけです。


彼に無理をさせない方法


彼に無理をさせない方法


彼の“無理”を止める具体的な方法は以下、3ステップがおすすめです。


1.何気ないときの喜び・嬉しさ・幸せを感じたら、その都度伝える

2.嬉しい理由が、お金や時間ではないことを理解してもらう

3.楽な方法を提案する


デートのとき、いいお店に連れて行ってくれたこと自体は嬉しいので、そこで一番喜んであげたいところ。ですが、それをしてしまうと、彼は「次もいいお店を……」と考え、悪循環になりがちです。


まずは、何気なく一緒に会話しているだけで嬉しいことを伝えましょう。


それから、自分としてはもう少し安いお店でいい、近くでもいいと感じたら「私もっと○○でも楽しいし、嬉しいよ」と提案してあげてください。


そうすれば彼の中の、「彼女に喜ばれる=彼女から愛してもらえるライン」も、楽なものになるはずです。


おわりに


贅沢や奮発は、記念日などの特別な日だけでOKだと伝えられれば、彼の肩の荷もおりるはず。


こうしていけば、ちょっとした気遣いやかける言葉の選び方など、もっと大切な気持ちの部分を考える余裕が出てきます。


結果的に、無理なく気楽に。そして愛情たっぷりのカップルになれるはずですよ!


(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ