気をつけて!「二番目」にされてしまいやすい女性の特徴

気をつけて!「二番目」にされてしまいやすい女性の特徴

「別に本命じゃなくてもいいかな」と男性に思われてしまうと、キープの相手にされる可能性も高くなります。


それでは都合のいい相手としてもてあそばれてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。


そこで今回は、“二番目”にされてしまいやすい女性の特徴を紹介します。



“遊ばれた経験”を話す


「私って、いつも二股かけられちゃう」とか「浮気相手にされることが多いんです」などと、自ら遊ばれた経験を暴露するのは危険性が大。


恋愛話をしているときに、ついつい言ってしまいがちではありますが、気になっている男性の前では言わないほうがいいでしょう。


「この子は浮気相手でも平気かもな」なんて男性に思わせてしまうことにもなりかねません。


さらに、遊んでいて軽そうな印象を持たれたら、そもそも恋愛対象からは外されることになるだけですよ。


好意をモロ出し


好きな男性には好意を示すことが大事ですし、気持ちが伝われば、男性もあなたのことを意識し始めてくれるはずです。


とはいえ、好きアピールをしすぎて、必要以上に好意をモロ出しにすると「俺にぞっこんだな」と思われてしまうもの。


そうなると「キープでも大丈夫だな」と思われて、“2番目”にされてしまう危険性を大いに秘めています。


ガツガツしすぎると引かれることにもなりかねないので、さりげなく好意を見せて追いかけさせるようにすると、逆に男性のほうがあなたに夢中になっていくことでしょう。


“文句”を言わない


自分の意見や行動に対して何も文句や不満を言ってこない女性のことは、男性も最初は従順で可愛らしい女性という印象を抱きます。


ただ、次第に「この子は何をしても怒らないな」という思いに変わっていくものです。


それでは結局のところ、男性のやりたい放題な状態になってしまうことにもなるかも。


自分の考えをしっかりと持っている女性のほうが、男性には魅力的にも見えるものです。


嫌われないようにと言いなりになりすぎるのはマイナス効果でしかありませんよ。


“はっきりきっぱり”していない


“はっきりきっぱり”していない


二番目にされたり、キープとして扱われたりしやすい女性の最も大きな特徴が、“押しに弱い”ということ。


「押せばなんとかなる」と男性に思われてしまうと、強引に振り回されるようなことにもなってしまうでしょう。


何をするにも優柔不断ではっきりきっぱりと決められないような女性は、遊び人の男性からすると簡単に落としやすい女性です。


せめて、断るべきことはしっかりと断るようにしないと、いつもあなたが悲しい思いをする羽目にもなってしまいますよ。


おわりに


自分の意見も主張はしていかないと、男性にいいように振り回されてしまいやすくもなります。


自分をちゃんと持っている女性のほうが、男性には魅力的にも見えるものですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ