プラモなのに“戦車長のがなり声”が聞こえる? タイガー戦車を“舞台装置”にして個性豊かな搭乗員を表現

プラモなのに“戦車長のがなり声”が聞こえる? タイガー戦車を“舞台装置”にして個性豊かな搭乗員を表現

 第二次世界大戦で活躍したドイツ陸軍の重戦車「タイガー(ティーガー)」は、プラモデル界においても高い人気を誇る。そんな人気戦車を“舞台装置”とし、魅力的な搭乗者たちをフィギュアで制作した馬関のとら。(@NB6Cjolly)氏にインタビューを実施。そんな同氏も、かつては身の丈に合わない模型づくりの妄想を広げ、それを実践できずにいる自分を嫌悪していたのだという。



【写真】タイガー戦車搭乗員たちの顔をチェック!ひとり一人の表情にドラマあり



■高校時代の自分に伝えたい「模型趣味の豊かさ」



――プラモデルの魅力に目覚めた原体験を教えてください。



【馬関のとら。】目覚めは小学校1年生の時でした。当時、私の住む山口県では、アニメ『アルプスの少女ハイジ』の裏番組で『宇宙戦艦ヤマト』が放送されていて、弟とチャンネル権(当時の子どもの最大の関心事)の奪い合いで大喧嘩をしました(笑)。なんとか勝ってヤマトを見ましたが、空を飛ぶ船の魅力に完全にやられてしまいました。



――当時の子どもたち与えた影響は大きかったそうですね。



【馬関のとら。】はい。それで近所の文具店に駆け込み、タミヤの1/700ウォーターラインシリーズの「吹雪」を購入しました。まだニッパーを持っていなかったので、家にある爪切りを使って組み上げましたよ(苦笑)。当時としては最高の出来のキットだったため、それでも十分カッコよかったですね。



――では、プラモ制作にハマったキッカケは?



【馬関のとら。】私は小学校低学年の頃からさまざまな戦記物や簡単な軍事技術の書物を読んでいたということもあって、「カッコいいと思ったものを形にしたい」という気持ちが強かったんです。それがプラモにのめり込むキッカケだったと思います。



――当時は今のようにプラモデルの情報を手に入れるのも難しかったと思います。プラモ制作で影響を受けたものを教えてください。



【馬関のとら。】レジェンドである横山宏先生、松本州平先生、故今井邦孝先生の作品は初期の頃からファンでした。この御三方からの影響は図り知れません。そして、地道にプラモ制作を続けてきたおかげで、横山先生・松本先生と実際にお会いして、直接お話を交わせるようになりました。数十年前、田舎でひとりモソモソとプラモを組み立てていた高校生の自分に、「模型はいいぞ、感謝しろ!励め!」と模型趣味の“豊かさ”を教えてあげたいですね。



――これまで制作した作品でお気に入りは?



【馬関のとら。】1/35 タイガーI を制作した作品です。これは有名な504大隊の131号車です。ちなみに、この車輌は現代まで生き残っていて映画『フューリー』にも登場しました。メーカーはドラゴン品番6820。フィギュアはアルパインを中心に揃えてあります。



――本作品のテーマは何ですか?



【馬関のとら。】テーマは、半透明カラーを使った塗装でドイツのメジャー戦車を作ることでした。また、たくさん買い込んでいるフィギュアキットを組み合わせたいと思っていました。



■「自分は自分」と吹っ切った今、自分に“親指”を立ててあげたい



――この作品で設定したストーリーを教えてください。



【馬関のとら。】若手の車長が、指揮官に正面の障害物を排除しつつ前進することを提案しています。それを不安げに聞いている操縦手と装塡手。我関せずの無線手。若者が考えているタイガーの装甲に頼った単純な平押しを、渋い顔で聞いている砲手のベテラン特務曹長といった風情ですかねえ。個性豊かなメンバーそれぞれの表情が特長です。



――この作品で気に入っている部分と、納得のいっていない部分があれば教えてください。



【馬関のとら。】気に入っているのは、車両の塗装とフィギュアの塗装が全く異質な技法で構成されていますが、なんとかまとまったことでしょうか。あまり納得いっていない部分は、

車輌はキットなりの工作で、ほとんどディテールアップしていないことです。凄い方の作品はこんなもんじゃないですから。



――本作の反響はいかがでしたか?



【馬関のとら。】幸せなことに、2016年に開催された第16回中四国AFVの会で単品部門金賞をいただきました。参加者の投票による受賞なので、大変嬉しく思っています。



――「スケールモデル」制作で技術的、精神的な「壁」にブチ当たったことはありますか?



【馬関のとら。】子どものころから大学を出るまで、ほとんど1人で模型を作っていました。今は、私が会長を務める下関模型クラブ「巌流会」の仲間をはじめ、多くの知己ができました。最初の頃は、実力派モデラーの方たちに追いつきたくて身の丈に合わない模型づくりの妄想を広げ、それを実践できずにいる自分が嫌でした。まるで自分自身に中指を立てているような気分でしたね…。



――その「壁」をどう乗り越えましたか?



【馬関のとら。】大きな病気もし、自分の時間が無尽蔵に続くわけではないと知りました。そして、多くの方と出会う中で色々な個性を知り、自分の良さも欠点も理解しました。そうして「自分は自分」と吹っ切れるようになった今は、自分に親指を立てられるようになったと思います。



――馬関のとら。氏にとって「スケールモデル」とは?



【馬関のとら。】陳腐ですが「絆」です。色々な人と自分を結びつけてくれたものであり、仕事以外で私を社会に繋いでくれるものです。スケールモデルだけではなく、模型全体に感謝しています。
カテゴリ