ケンカになったとき、彼に謝ってもらうには?

ケンカになったとき、彼に謝ってもらうには?

男性のなかには、「ごめんなさい」と素直に謝ることができない人が意外と多いもの。


謝ってくれないことに対してイラっとして、お互いに気分が悪くなり、関係がどんどん険悪に……なんてことも珍しくありません。


今回は、男性に謝ってもらうコツについてまとめました。



こちらは絶対に怒らない


男性が謝らないのは、プライドが邪魔しているからかもしれません。


自分に非があるとわかっていても、「謝る=自分が負けること」だと考えている男性も多いもの。


そんなときに、女性からガミガミ怒られてしまうと、男性は「絶対に謝らない!」とますます意地になってしまいます。


ケンカになったときや彼に非があるときは、感情的になるのではなく冷静な態度で彼に向き合うほうが賢明です。


自分から先に謝る


女性のほうから先に謝ってくれると素直に謝れる、という男性も多いようです。


彼が全面的に悪い場合でも、こちらが大人になって「私も悪かったよね」「私が〇〇だったせいだね」と、自分の悪いところを探してこちらから謝るのも賢い対応。


「ごめんなさい」と素直に謝る相手を前にすると、「こっちがごめんね」と謝る気持ちになるもの。


まずは、あなたのなかで「謝ったほうが勝ち!」と決めるのも手かもしれません。


指摘はひとつに絞る


ケンカになったとき、彼に謝ってもらうには?


一度ケンカになってしまうと、日頃の積もり積もった不満をいろいろと言いたくなることもありますよね。でも、あれこれ言うのはぐっと我慢すべきです。


素直に謝れる男性でも、あれこれ指摘されてしまうとイライラしてしまいます。場合によっては、謝ってくれなくなることも……。


言いたいことは我慢せず伝えるべきですが、タイミングが重要です。


彼に謝ってほしいならば、指摘する点はひとつに絞りましょう。


男性は同時に多くのことを考えるのが苦手な人も多いので、ケンカの論点はひとつにまとめると伝わります。


素直に自分の非を受け止めやすくなるので、まずはポイントを絞って話し合うことを心掛けてみましょう。


責めずに「悲しかった」を伝える


少しズル賢い案かもしれませんが、持ちを伝える際にはコツがあるます。


「あなたが悪い!」「なんでそういうことするの!?」と責めるよりも「すごく悲しかった」「〇〇に傷ついた」と、悲しい気持ちを伝えたほうが、彼に罪悪感を与えられるのです。


男性は察するのが苦手な人が多いので、ここでは、「〇〇だから悲しい」と、なにに傷ついて悲しいのかを伝えてみてください。


そこで初めて、なにがダメだったか気付くケースも少なくないようです。


1日程度なら無視もあり


彼が悪いのに開き直る場合は、態度で示すのも得策です。


こちらから歩み寄るばかりでは、彼が「なにをしても許してくれる」と、調子に乗ってしまう可能性があります。


1日程度ならば無視することもアリですし、怒りを伝えるには無視が1番効果的。


「さすがに悪かった」「今回はまずい」と、事の重大さに気付いてくれるはずです。


おわりに


ケンカは長引くと仲直りも難しくなるもの。早めに解決して、笑顔を取り戻すことが円満な関係の秘訣です。


ケンカになったときには、まず先に謝ること。


彼をてのひらの上で転がすイメージすれば、大人の対応をすることもそう難しくないでしょう。


彼を上手に謝らせるだけではなく、早期解決につながるはずですよ。


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ