あなたももしかして…?タイプ別・彼氏をダメにする女性の特徴

あなたももしかして…?タイプ別・彼氏をダメにする女性の特徴

「付き合ってきた相手、ダメな男ばかりだったな……」と思うことはありますか?


元カレが最低ヤローだったから、次こそは!と新しい彼氏を作っても、気が付けば前と同じくらいダメな男に……。


もしあなたがこれに当てはまるなら、無意識にダメ男にしてしまっているか、ダメな部分が見えていなかったのかもしれません。


今回は、「ダメ男を作り上げてしまう女性の特徴」について、タイプ別にご紹介。


改善方法も併せてお伝えしますので、当てはまっていた場合は、ぜひ試してみてください。



「ルールを作って」タイプ


俗に言う「良い子ちゃん」に多いのが、このタイプです。


これまで親の言うことをよく聞いてきた人ほど、強くいわれることで聞いてしまう傾向にあるようで……。


付き合った相手に「恋愛のルールを全て作ってもらい、彼のいうことだけを聞いていれば間違いない」と思い込んでしまうところはありませんでしたか?


好きな人を信じるのは、とても良いことだと思うのですが、いつでもどんなときでも、相手の言うことが正しいとは限りません。


相手からしても、初めのうちは言うことを聞いてくれて心地よいかもしれませんが、だんだんと「こいつはいつでも俺の言うことを聞く」という考えになってしまうでしょう。


やがて、「言うこと聞きすぎるからつまらない」と思われる可能性も……!


従順に尽くしてきたのに、相手は調子に乗ったダメ男になったり、なんでか「捨てられた」形になったりで、悲しい結末を迎えてしまうかもしれません。


カップルの関係は、2人で築いていくもの。


相手の意見ばかりを大切にして、つらいことになる前に、しっかりと2人で話す意識を持っておきましょう。


「ルールは私が作る」タイプ


先ほどとは反対の、彼の行動は全て知っておかないと気が済まないタイプも、やはり恋愛がうまくいかない傾向にあります。


朝起きた時、昼休み、会社が終わった時、眠る前などすべてにおいて連絡を求め、相手をがんじがらめにしないと気が済まないタイプ、ともいえばわかりやすいでしょうか。


このタイプは、相手のストレスがたまって最後に爆発されてしまうことが多いですね……。


最後まで我慢した相手からぶつけられるヒドイ一言で、“私の言うことが聞けない優しくない「ダメ男」だった。”と思い込んでいることケースが結構あるようです。


「ダメ男製造機」というよりも「ダメ男だと思い込んでしまって自滅するタイプ」と言えますね。


あなたを好きだからこそ言わず(言えず)にいたこと、相手にもたくさんあるはずです。


好きだからこそいつでも把握しておきたい、好きだからこそいつでもそばにいてほしい。


その気持ちはわからないこともないですが、押しつけすぎては元も子もありません。


自分の気持ちだけを押しつけてはいなかったか、一度冷静になって、考えてみてくださいね。


「ダメ」と言えないタイプ


「ダメ」と言えないタイプ


付き合いだすと、お互いに「わがまま」を言いたくなることもあります。


相手を好きだからこそ、「ちょっとしたものなら……」と許しているうち、だんだんと要求がエスカレートしていく……。


やがて相手の要求に耐えられなくなったころには、立派な「ダメ男」がそこにいる。


初めに紹介した「ルールを作って」タイプに近しいものがあるのが、この「ダメ」が言えないタイプ。


嫌だな……と感じることでも、「いま私がすこし我慢すればいい」と考えてはいませんでしたか?


何度も書きますが、「恋愛は2人で関係を作り上げていくもの」。


相手に気を遣って、言いたいことも言えないでいると、関係は続きません。


「私の我慢が足りなかったんだ」と自分を責めることはありません。


確かに、あなたが言えなかったのも原因のひとつですが、そこにつけ上がってしまった相手も良くないのですよ。


言えなかったのには、いろいろな原因があると思います。


でも今度こそ、お互いに意見を交わせる相手と、巡り合えるはず。


そのときまでに、少しずつ自分の意見を言えるよう、考えをまとめておくクセをつけてみるといいかもしれません。


ダメ男は甘えさせてくれる女が大好き


ひとつ甘えが許されれば、ドンドンと甘えが大きくなっていく……。


これが「ダメ男」が作られる過程の、おおまかな流れです。


でもその根本には、「お互いのコミュニケーション不足」があるもの。


関係を2人で築き上げていくことを念頭に置いて、ちゃんと心で接してくれる人と付き合うと、もっと幸せになれると思いますよ。


自分でちゃんと考えて、自分の事を考えてくれる人を探してみましょう。


(只野/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ