男性が数回デートしたけれど、フェードアウトしてしまった理由って?

男性が数回デートしたけれど、フェードアウトしてしまった理由って?

3回以上デートが続けば、交際の可能性も見えてきますよね。


しかしある日突然、LINEの既読スルー。


「もしかして好きな人でもできたのかな?」と思いますが、実は単純にあなたをシャットダウンしただけかも……。


そこで今回は「男性が数回デートしたけれど、フェードアウトした理由」についてご紹介します。



1、 秘密主義すぎる


「仕事はもちろん、出身地や趣味まであやふやにされたから。一緒にいても会話の地雷が多すぎて疲れましたね。タイプだったので数回デートしたけれど、もう見切りをつけて次に行きました」(33歳/広告)


警戒心が強いのは大事ですが、男性にとって数回デートしても相手が見えてこないのは困るもの。


最初は「これから心を開いてくれるだろう」と思っても、だんだん気持ちが折れていきます。


会ってもつまらないし、女性からの好意が感じられないので「もういいや」とフェードアウトするのです。


2、毎回態度が違いすぎる


「初回は大人しかったのに、2回目のデートではなぜかイライラ。3回目のドライブでは隣で爆睡していていたので、なんかガッカリしちゃって。振り回されるのは勘弁だったので、もう連絡もやめました」(31歳/営業)


寝不足だったり、その日のコンディションもあるでしょうが、あからさまに態度が変わる女子にはビックリ。


初デートでは好印象だったものの、徐々に疑問点が出てきます。


それでも会い続けたものの、決定的な何かが起こると「この子とは合わないな」とキッパリ縁を切るみたい。


仲が深まってきた2回目以降のデートこそ、気を抜かないでいたいですね。


3、 ほかの男のにおいがする


ほかの男のにおいがする


「彼女のことはいいなと思ったんだけど、しょっちゅうLINEが来ていたのが気になって。最初は見て見ぬふりをしていたんだけど、3回目のデートでふと『やっぱり俺ムリだわ』って思っちゃいました」(27歳/保険)


頻繁にスマホチェックをしている女子は、非常識だし「ほかに男がいるのかな?」と不安になります。


それにまだ数回のデートだと、そこまで女性に感情移入もしていないでしょう。


そのため「別に嫌いじゃないけれど、わざわざ他人から奪うほどでもない」と判断するみたい。


色んな男性とやり取りをするのは構いませんが、わざわざデート中に見せつけるようなことはやめましょうね。


おわりに


初デートでは好印象でも、だんだん「あれ?」と思う要素が増えてくると、男性も交際をためらいます。


何回目のデートだろうと手抜きせず、楽しむ姿勢を見せたいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ