Uru、1年3ヶ月ぶりドラマ主題歌で小林武史と初タッグ 

Uru、1年3ヶ月ぶりドラマ主題歌で小林武史と初タッグ 

 シンガー・ソングライターのUruが19日スタートの竹内涼真主演TBS系日曜劇場『テセウスの船』で主題歌「あなたがいることで」を担当することがわかった。2018年10月期の同局連ドラ『中学聖日記』以来、1年3ヶ月ぶりのドラマ主題歌となり、作詞作曲をUruが手掛け、編曲を小林武史がUruと初タッグで務める。自身初のデジタルシングルとして2月9日にリリースされる。



【写真】竹内涼真、鈴木亮平らメインキャスト集う『テセウスの船』ビジュアル



 同ドラマは週刊漫画誌『モーニング』(講談社刊)で連載されていた東元俊哉による人気漫画を実写化。平成元年に警察官の父親が起こした殺人事件により世間からずっと後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた主人公・田村心(竹内)が、あるきっかけでその事件当時にタイムスリップ。31年間謎に包まれてきた事件を追い、二転三転し謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーと共に家族の絆と愛が描かれるミステリー作品。



 Uruといえば恋の始まりに揺れ動く気持ちや募っていく恋心を描いた『中学聖日記』の主題歌「プロローグ」は、ドラマのストーリーとの親和性の高さからSNSを中心に多くの反響を呼び、先行配信時には自身最多となる11冠のデイリーランキング1位を獲得、現在は40万ダウンロードを記録し、自身最大のヒット曲となった。



 今回ドラマのために書き下ろした「あなたがいることで」は、過去と未来をつなぐ「今」というかけがえのない時間を描く、あたたかさの中に凛とした意思を感じるバラード。Uruは「誰かの家族や恋人、友人など、関係を問わず大切な人を幸せにしたい、守りたいという強い気持ちを代弁するような楽曲になってくれたらうれしいです」とコメント。小林も「久々にオーセンティックな真のバラードの名曲ができたのではないか、と自負しています」と胸を張る。



 主演を担う竹内は「初めて聴いた時に、今撮影している風景やシーンが目の前に浮かんでくるような感じがしました。そして出だしの歌詞が、心を演じる今の自分の気持ちにとてもリンクしました。これからドラマの完成と共に、この曲がどうマッチしていくのかがすごく楽しみです。撮影は大変なこともありますが、待っていてくださる方に良い作品をお届けできるよう、この曲を励みにして最後まで頑張っていきたいと思います」と楽曲に太鼓判を押している。
カテゴリ