彼氏いない歴=人生の場合、やってほしいこと

彼氏いない歴=人生の場合、やってほしいこと

恋愛相談に対してアドバイスをする中、「そんなことできない」と言われてしまったり、普通のことをお伝えしているのに伝わらないこともあったりします。


おかしいな、と思って相談者の方にお聞きすると、「今まで一生のうち、彼氏がいたことがないんです」と告白されることがしばしば。経験が無いので、分からないということでした。


最初にお伝えしますが、一度も付き合ったことは、決して珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。


では、今まで一度も男性と付き合ったことがない方は何をすべきなのか。


最初にやってほしいことをお伝えしますね。



同性の友達を多く作ってみる


男性とお付き合いする前に、信用できる同性のお友達を作りましょう。


男性と知り合いになるには、友達に協力してもらったほうがいいことがたくさんあるからです。

一対一では会うのが恥ずかしい場合、友達にアシストしてもらうことが必要です。


友達とのコミュニケーションが上手にできることが、彼氏づくりへの第一歩となりますよ。


彼氏がいるひとをひたすら観察する


彼氏がいる人を観察してみましょう。事実として、自分とどういうところが違うかをチェックします。


「どうせ私とは全然違うから……」と諦めるのは早いです。


まずはだまされたと思って、外見、振る舞い、性格、持ち物、ファッション……あらゆるポイントをチェックしてみます。


もちろん、変えられないところもありますが、意外と変えられる部分も多いことに気付くのではないでしょうか。


ファッションや持ち物などは変えやすいポイントと思います。


どうしたらいいかわからない場合、まずは“真似てみる”のがいいですよ。


できれば異性の友人を作る


最後の仕上げは、異性の友人を作ること。


恋愛上手な人には、間違いなく異性の友人がたくさんいます。


異性の友人とコミュニケーションをすることによって、男性の考え方を知ることができますし、


異性ならではの客観的なアドバイスを聞くことだってできます。


異性の友人? 信じられないという人もいるかもしれません。たとえば、同性の友達に異性の友達を紹介してもらうのもありです。


異性の友人と二人で食事に行けば、デートの練習にだってなります。


おわりに


恋愛で大事なことは、コミュニケーションと自分を客観的に見つめること。


まずは友達を作ってみる、そしてモテている人を観察する。


そして、異性の友達と過ごして男性に慣れる。


これができれば、彼氏ができる最低条件はもうクリアです。


いきなり、気になる彼をデートに誘えばどうしたらいいか、とか、どうやって告白したらいいか、を考える前にやってみましょう。


急がば回れ、ですよ。


(恋愛結婚学研究所長・新上幸二)


(愛カツ編集部)



カテゴリ