『G.I.ジョー』最新作、日本長期ロケが決定 ロベルト監督「夢がかなった」

『G.I.ジョー』最新作、日本長期ロケが決定 ロベルト監督「夢がかなった」

 アクション映画『G.I.ジョー』シリーズ最新作が『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』(2020年公開)と題し、数ヶ月の長期間に及ぶ“日本国内ロケーション”を行うことを10日、都内で行われた製作会見で発表した。



【アップショット】ヘンリーゴールディングら、会見に出席したキャスト陣



 本作では、ファンの間でも人気が高い黒ずくめの衣装に身をまとった忍者「スネーク・アイズ」にスポットを当てる。漆黒のマスクで正体を隠し、これまで謎に包まれてきたスネークアイズ誕生の秘密が明らかとなる。



 会見には、ロベルト・シュヴェンケ監督、ヘンリーゴールディング、安倍春香、小路アンドリュー、平岳大、イコ・ウワイス、谷垣健治監督が出席。大阪、姫路、茨城などでの撮影を行うことを明かしたロベルト監督は「私は、日本映画のファン。たくさんのロケ地で撮影できることをうれしいことです。夢がかなったようです」と感無量の表情を浮かべた。



 スネーク・アイズを演じるヘンリーは「象徴的なキャラクターを演じることを光栄に思います。公開をワクワクしているし、すばらしい作品になる」と笑顔。現在、海外を中心に活動している安倍春香も「いつか日本でお仕事をしたいと思っていた。大きなプロジェクトを携えて、日本に帰ってくことができ、素晴らしいキャスト・スタッフさんに囲まれ、撮影できることは夢のようです」と目を輝かせていた。
カテゴリ