新田真剣佑、藤原竜也のモノマネやりすぎで“せりふ飛ぶ”「本番より集中してしまった」

新田真剣佑、藤原竜也のモノマネやりすぎで“せりふ飛ぶ”「本番より集中してしまった」

 俳優の藤原竜也と新田真剣佑が10日、都内で行なわれた映画『カイジ ファイナルゲーム』の初日舞台あいさつに登壇。撮影現場では、新田が藤原のモノマネをするなど和気あいあいとしていたことを明かすも、藤原が「おれのモノマネばっかりするからせりふ飛んでるんですよ!」と暴露し、新田も「本番よりもモノマネに集中してしまいました」と反省の様子を見せていた。



【動画】藤原竜也のモノマネを披露する新田真剣佑



 イベントでも新田は藤原演じるカイジのモノマネを披露。しかし藤原は「似てました?」と微妙な反応。続けて「現場でまっけんがずっと真似するんですよ」と笑い、新田は「藤原さんには『うるさいよ!』って言われていました」と仲睦まじい様子でトークを進めた。



 『カイジ』シリーズの参加にたいし新田は「小さいころから見ていて大好きな作品。どんな役でも良いから参加したいと言っていました」と出演に喜び。同じく今回シリーズ初参加の福士蒼汰は「藤原さんとの共演が夢だったので、オファーが来たときは二つ返事で了承しました。藤原さんの演技を目の前で見られたのは自分の財産になりました」と目を輝かせていた。



 若手俳優からの羨望の声に藤原は「福士くんもまっけんも、年齢は一回りくらい下ですけど若く才能がある俳優が出てきたことで、刺激を受けるのはこういうことだったのかと。この年齢になって気がつくことができました」と喜んだ。



 この日は、関水渚、吉田鋼太郎、佐藤東弥監督も登壇した。



 今回の最終章では、原作者の福本伸行氏自らが脚本に携わり、『翔んで埼玉』を手がけた徳永友一氏とオリジナルストーリーを考案。原作にはない4つのオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場する。

カテゴリ