「これは脈なし」と判断していい3つの基準とは

「これは脈なし」と判断していい3つの基準とは

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。


僕は「時間は貴重」だということを常日頃から意識しています。


よく聞けば、ごくごく当たり前のことなんですが、日々の忙しい中では中々意識することは難しい。


もちろん、これは恋愛においても当てはまることで、恋愛でも出来る限り効率的に自分と相性のいい男性を探せる方がいいでしょう。


そのためには男性の言動を見て、脈ナシと判断するタイミングを間違えないことでが重要です。


そこで今回は、脈ナシと判断していいタイミングを、男目線からアドバイスします。



1、LINE


脈ナシと判断するタイミングで一番わかりやすいのは、間違いなくLINEでのやりとりの内容でしょう。


2人をつなぐ生命線となるコミュニケーションツールなだけに、どうしても脈アリ・脈ナシが如実に現れてしまうんです。


知り合った当初のLINEは、だいたい即レスになる傾向が高いです。なぜなら知り合った当初は、誰でもテンションが高いですからね。


これが段々、時間が経つにつれて落ち着いてきます。それがLINEのレスにも現れはじめます。


正直、出会った当初よりレスが遅いと実感したり、既読スルーが目についてきたら、これは脈ナシと判断して間違いないです。


2、リマインド


リマインドとは、デートに関してのリマインド。


デートの約束をして、いよいよ明日に迫っているのに、中々デートの待ち合わせ場所や時間のリマインドが来ない。


僕は、この時点で脈ナシと判断していいと思います。


脈アリな相手なら、デートが楽しみで仕方ないはずなので、なるべく早めに待ち合わせの時間や場所を決めて連絡してあげたいと思うものです。


それを、デート当日、ギリギリまで連絡をしないということは、あなたの不安な気持ちを全く考えていないということ。


中には「デートするの面倒くさい」と、ちょっと思ってる男性もいます。よくある、嫌なことは後に後に延ばしたくる心理と一緒なんです。


3、会話



二人で会っている時の会話にも、脈アリ・脈ナシを判断する基準が隠れてます。


それは、会話の全体の量と思いきや、実はそれとは違って質問の量がポイントなんです。


相手のことが興味があって気になる存在であれば、色々とあなたのことについて知りたいのは当たり前。


「どこの出身なのか?」「好きな食べ物は?」「趣味は?」「過去の恋愛経験は?」など話のネタは尽きません。


それが、2人で会っても質問するのはほぼあなたの方で、質問をすれば答えてくれるけど、相手からは全くもって質問がない…。


こんな一緒にいてもつまらないシチュエーションに遭遇したら、脈ナシと判断して次の男性に行ったほうがいいですね。


最後に


今回は男性の本音から脈無しと判断していいタイミングをアドバイスしました。


逆に言うと、LINEの返信が即レスだったり、デートのリマインドが早かったり、一緒にいるときも相手からの質問が多かったりすれば、確実に脈アリだと言うことです。


この3つの脈アリ・脈ナシ基準をもとに男性をチェックして、時間だけが消費していく無意味な恋愛に時間を費やさないようにしてくださいね。(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ