男性ならでは!本命相手だったら何とも思わずにできることって?

男性ならでは!本命相手だったら何とも思わずにできることって?

自分が本命なのか確かめたいときって、ついLINEの返信やデート中の言動に目がいきがち。


でも実はもっと意外性のある部分で、彼の本気度がわかったりします。


そこで今回は男性ならではの視点で、「本命相手なら『何とも思わない』こと」についてご紹介します。



1.お金を貸せる


「お金を貸す=返ってこないのと同じ」と警戒するの女性は多いもの。


どんなに親しい友人でも、あまりお金の貸し借りってしないですよね。その時点で関係が壊れそうですし……。


一方で男性の根底には「結婚したら女性(家族)を養うことになる」との意識があります。


つまり結婚を考える本命には、いずれ自分の財布を預け、金銭管理を任せることも視野に入れているのです。


お金を貸す際も「彼女だったら絶対返してくれるだろうし、変な使い方はしないだろう」との絶対的信頼があるみたい。


逆に彼にアレコレねだられる、貢がされる女性は……。悲しいですが都合よく利用されている可能性が高いでしょう。


2.泣かれてもイヤじゃない


「女子に泣かれるのは面倒」って男性もいますが、本命が泣くのは別にイヤじゃないとの声も。


むしろ状況によっては「力になってあげたい」「(感動して泣いているのが)かわいい」との前向きな感情に。


少なからずそれが原因で別れようとは思いません。


さすがに人前で大泣きされたら困るかもしれませんが……。


ふたりきりのときに本命女子が泣いているのに、キレる男性はほとんどいませんよ。


3.どんな人生を選択しても後押しできる


どんな人生を選択しても後押しできる


結婚して彼女はどうしたいのかーー仕事を続けたいのか、それとも家庭に入りたいのか。


本命女子の意見はできるだけ尊重します。


「仕事を辞めたい」にもいろいろと理由があるでしょう。


たとえば、彼女が「もう仕事がツラい」「体力的に持たない」と苦しんでいるのなら、それでも無理に働けとは言いません。


むしろ「彼女を守れるのは俺しかいない」と思います。


彼女一番だからこそ、いまは休んで、落ち着いたら一緒に将来を考えればいいと思うのです。


彼が話し合いもせず、「結婚したら絶対家庭に入って」や「生涯共働きじゃなきゃムリ!」と価値観を押し付けてくるようなら……。


それはあなたが大切なのではなく、自分の利益しか考えていないのかも。


おわりに


「私って本命?」と悩んでいる時点で、不安があるってこと。


その勘って当たっていて、実はほかに女がいたり、短命恋愛で終わってしまうことが多いです。


男性も本命相手には拍子抜けするような部分で、無償の愛を見せてきますよ。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ