向井理、追い詰められる役柄へのアプローチは「不安な状況をあえて作る」

向井理、追い詰められる役柄へのアプローチは「不安な状況をあえて作る」

 俳優の向井理が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『10の秘密』(毎週火曜 後10:00)第1話が14日より放送スタートする。同ドラマは、向井が演じる主人公・白河圭太の愛する娘が何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合うサスペンスストーリー。「本当に動き回っている役柄。走ったり、叫んだり、怒鳴ったり、物を蹴ったりだとか、わりと1話・2話で、本能的に追い詰められる」と語る向井は役柄へのアプローチの仕方を語った。



【写真】元妻役を演じる仲間由紀恵



 今回、自身が演じる圭太について向井は「娘の事を第一に考えるどこにでもいる普通の父親。すごく真っすぐな性格で真面目。もう少し上手く立ち回ったらいいのに、と感じる部分もあります(笑)」とはがゆく思う部分も。男手ひとつで育てた愛娘・瞳(山田杏奈)の誘拐を機に動き出す物語で、プロデューサーとの打ち合わせの中でも話に出たのは“必死さ”を伝えること。



 向井は「(誘拐という)出来事が出来事なだけに、誘拐された娘を救うために家族が何をするのか、という本能的なところで動いている」ということを念頭に置いて芝居する。これまでのドラマ撮影では、前後のシーンのつながりや関係性を考えて演じてきたが、今回は“意図的に何も考えない”で挑んでいるという。それは誘拐にはじまり、いろいろな秘密に翻弄(ほんろう)される役、芝居の段取りを決めてしまい、気付かぬうちに先を読んだ芝居になってしまうこと防ぐため。



 「一見簡単で、楽だと思われるかもしれませんが、僕はそういうタイプではないので、すごく不安なんです(笑)。でも、不安な状況をあえて作るようにしています」とこだわっている。「すごく上質なサスペンスだというところと、王道のトリックももちろんありますけど『そうきたんだな』といういい意味での裏切りもいっぱいあります」とアピールし、「秘密が多いドラマなので、1時間の楽しみだけではなく、放送中に出た“宿題”を次の週の火曜日(放送日)までに考えていただくような作品にできればと思います」と意欲をみせた。
カテゴリ