USJ、任天堂テーマの新エリア東京五輪前にオープン マリオなどゲームさながらの新体験

USJ、任天堂テーマの新エリア東京五輪前にオープン マリオなどゲームさながらの新体験

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは14日、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした、世界初となるエリア『SUPER NINTENDO WORLD』を2020年、東京五輪前にオープンすると発表した。初の多層式エリアとしてマリオカートや人気キャラクターのヨッシーをテーマにした家族で楽しめるライド・アトラクションのほか、レストラン、ショップなど充実したテーマエリアを展開する。



【画像】新エリア スマホと連動する”パワーアップバンド”



 エリア内では現実世界にいながら、まるでマリオのように全身を駆使し、躍動するアクティビティーを体験できる。この新技術は、自分のスマートフォンにUSJのアプリをダウンロードし、エリア内で購入できるバンド(パワーアップバンド/Power Up Band)を連動させる。



 また、「ハテナブロック」をはじめ、マリオの世界のアイコンとしておなじみの ポイントを数十か所以上設置。パワーアップバンドを着用し、ハテナブロックを実際に叩くなどの体験によって、ゲストはマリオのゲームの世界のように、実際にコインを集めることができる。また、アプリにおいても設定された様々な条件を達成することで、マリオのキャラクタースタンプなどのコレクタブル・アイテムを獲得可能。



 さらにスタンプごとに得られるコインが設定されており、獲得したスタンプに応じてもコインを集めることができる。そうして集めたコインの合計数によってランキングがつけられ、他のゲストとリアルタイムに競い合いながら、ゲームの世界さながらの体験を全身を使っ て楽しめる。



 他にも「キーチャレンジ」と呼ばれるアトラクションが登場。「キーチャレンジ」をクリアする と入手できる「キー(鍵)」を一定数集めることで、他のゲストと協力しながら様々な敵キャラクターと対決する「ボスバトル」に挑戦していく。エリア内で得た経験によって、パークでの体験価値もどんどん成長できる、“新時代テーマパーク体験”が広がっている。



 この日、同エリアのキックオフ・プレゼンテーションに登壇したユニバーサル・クリエイティブ副社長チーフ・クリエイティブ・オフィサーのティエリー・クー氏。新エリアの世界観について「クッパJr.がゴールデンキノコを盗み、鍵をかけてしまうところから『SUPER NINTENDO WORLD』での冒険は始まります」と明かした。また、「『キーチャレンジ』に挑戦し、敵に守られた3つのキーを集め、クッパJr.を倒せば、ゴールデンキノコを取り戻すことができます。このシームレスで独創的なゲームプレイとの連携は、ユニバーサル・スタジオのテーマパークで作られた最も革新的な体験といえます」と自信をみせた。
カテゴリ