そんな理由で?自分からキスしてくれない男性の心理とは

そんな理由で?自分からキスしてくれない男性の心理とは

抱きついて甘えたり、スキンシップに関しては積極的な彼。だけど「わざとキスを避けているの?」と思うくらい、自分からキスはしてこない……。


これはさすがに寂しいし、落ち込みますよね。


そこで今回は「自分からキスしてくれない男性の心理」についてご紹介します。



1、あまりキスの必要性を感じていない


「学生の頃はキスでも興奮したけど、いまは特に何とも思わない。無意識にキスの工程を省いちゃっている部分はあるかも」(36歳/営業)


キスって、女性にとっては「愛されバロメーター」みたいなものですよね。だから彼がキスしてくれないと、愛されていないようで傷つくこともあるかと思います。


でも「気持ち良さ重視」の男性からすると、キスはなくても問題ないと感じているよう。単純に女心をわかっていないだけなのかも?


ここは素直に、自分から「キスしてほしいな」とお願いしてみましょう。


彼がキスをしてくれたら、「キスしてくれてうれしい」「幸せな気分だな~」など、そのとき感じた素直な気持ちも伝えてみてくださいね。


2、逆に恥ずかしい


「彼女との付き合いも長いし、改まってキスするのもこっ恥ずかしい。

いたずら半分で、そのままイチャイチャの流れにしちゃうことはよくあるかも」(32歳/公務員)


甘いムードを作ってほしい女性に対し、マジメな雰囲気は性に合わず、照れてしまう男性も多いようです。


勢いにまかせてふたりの時間を作るほうが、まだ恥ずかしさが軽減されるのでしょうね。


すべてを彼に一任してしまうと、負担も大きいはず。たまにはあなたのほうからキスをして彼を誘ってみては?


男性側の大変さもわかりますし、お互いが一度素直になることで、距離感が変わるかもしれませんよ。


3、トラウマがある



「口臭が気になって、なかなか自分からキスできないです……」(22歳/大学生)


「キスしたら俺のヒゲが当たってしまったらしく、彼女が『痛い!』と叫んだことがあって。

それ以来、何だかキスがやりづらくなってしまいました」(30歳/サービス業)


男性だってコンプレックやトラウマがあります。口臭や口内炎、そもそもキスが下手など……あげだしたらキリがないもの。


女性が覚えていない、ささいなことを気にしている場合も。


こうなると彼から積極的にキスしてくれる機会は少ないかも……。まずはあなたが彼を安心させて、キスをしやすい雰囲気を作りましょう。


寄り添って甘えてみるのもいいかもしれませんね。


おわりに


男性にもキスが苦手な原因があるのかも。


彼にしてほしいことは、まず女性側から行動に移すのが一番!


勇気を出して一度流れを作れば、彼も「こうやったら彼女が喜ぶのかな」と理解して、きっと次に生かしてくれますよ。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ