シシド・カフカ、初主演ドラマで殴られたり、転げ回ったり「新鮮でした」

シシド・カフカ、初主演ドラマで殴られたり、転げ回ったり「新鮮でした」

 ドラマー、モデル、女優としても活躍するシシド・カフカが17日、東京・渋谷のNHKで自身が初主演する総合テレビの連続ドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(24日スタート、毎週金曜 後10:00、連続7回)の試写会に出席した。「主演が務まっているのか、いまだに疑問ですが…」と、自信たっぷりというわけではないが、「ミステリーは人間の脆(もろ)さ、普段出てこないような怖さを楽しむものなんじゃないか、と思うので、毎話出てくるゲストの方々の心情を楽しみながらご覧になっていただけたら」と、作品をアピールした。



【全身ショット】オシャレな衣装で出席したシシド・カフカら



 本作でカフカが演じるのは、ハードボイルドな女探偵・葉村晶(はむら・あきら)。ミステリー作家・若竹七海氏が、20年以上にわたって描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」を初めてテレビドラマ化する。晶は34歳独身。ミステリー好き。生活は質素。訳ありの転職、転居十数回…。今はミステリー専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員として働いている、という役どころ。



 「台本を読んで最初に思ったのは、羽村晶は足ぐせの悪い女だろうな、というイメージを抱いた。足をそろえて座らない。わざわざ男の人のように足を開いて座る。それが、簡単に自分を強く見せるやり方だったんじゃないか、と思って。私自身も音楽をやってきて、男の人が多い中で、どれだけ自分を大きく強く見せるか、に躍起になっていた時期もあるので、通じるものを感じました」と、自分自身と重なる部分を指摘した。



 周囲の人たちから「世界で最も不運な探偵」と呼ばれるほど、何かと災難に巻き込まれる晶を演じて、「平々凡々と生きているので、今回初めてすっころんで、殴られて、転げ回って、こんな人生絶対にいやですけど、(芝居で)いろいろな経験をさせてもらって新鮮でした」と、話していた。



 カフカが演じる晶は「足ぐせの悪い女」だが、現場で“足の状態が悪い男”だったのが、ドラマオリジナルキャラクターの岡田正太郎役で出演する間宮祥太朗。第1話に登場するシーンの撮影時、左足を骨折して治療中だったが、言われなければ全く気づかない仕上がりに。



 「MURDER BEAR BOOKSHOP」店長の富山泰之役で出演する中村梅雀は「よく頑張って乗り切ったよね」と間宮にねぎらいの言葉をかけた。周りに余計な心配や迷惑をかけないように振る舞っている間宮の心情を察して、「心の中で『頑張れ』って言ってました」と梅雀。間宮も「その優しさに助けられていました」と返していた。



 梅雀が演じる富山はドラマでは若干「オネエキャラ」に。「台本を読んでいるうちに、自分の役がオネエキャラに思えてしまって、原作者も脚本家もそんなつもりで書いてない、と思うかもしれないですが、映像作品で初めてオネエキャラをやらせてもらいました」とアピールしていた。
カテゴリ