男性が切実に思う「そんな彼氏への理想は捨ててほしい」こと

男性が切実に思う「そんな彼氏への理想は捨ててほしい」こと

恋愛や結婚に対する、あなたの理想って何ですか? 


容姿を重視する人もいれば、年収重視という人と、人によって条件は変わってくると思います。


でも、そうした理想が、大切に想う男性の足かせになっていたら、あなたから離れていってしまうかもしれません。


今回は3人の男性が語る、できれば女性に捨ててほしいと思っている「恋人への理想」を見ていきましょう。



会って直接告白すること


「今までの彼女にはLINEで告白してきたので、ある女子から『告白は会ってするのが当然』と言われて驚きました。過去に直接告白した経験はありますが、振られたらお互いに気まずくなるじゃないですか。それに付き合えば嫌でも2人の間は濃くなっていくから、最初は軽い方が上手くいくのでは?」(33歳/プロダクトデザイナー)


会って告白することにこだわりすぎると、それだけで男性から重たい存在と思われるようです。


お付き合いする前から重たいと思われてしまうと、関係を進展させるのも難しいですよね。告白の仕方には、こだわらないほうが場合もあるのかも。


三十路だから結婚


「28歳の彼女と付き合っていて、もうすぐ1年。特に大きなトラブルはないのですが、節々に『30歳までには結婚しなくちゃ』と仄めかしてきます。結婚って年齢じゃないと思うんですよね。どうも彼女は結婚という形に捉われているようで、そこが唯一の引っかかるところです」(30歳/商社)


自分の価値観を相手に押し付けるのは、やめた方がよさそう。とくに結婚は、男性にとっては一大決心。


どこかで折り合いをつけないと、近いうちに彼が爆発する可能性が高くなるでしょう。


「一生専業主婦」宣言


女性のこんな発言が嫌われる原因かも?


「上司から『奥さんが専業主婦ってキツイ』と言われたので理由を聞いたら、『収入面で一家を支えるのが自分だけなのは負担が大きくて将来が不安』とのこと。上司の言うことにも一理ある。だから最初から専業主婦って言い張る女性には、少し抵抗を感じる」(25歳/水道事業)


専業主婦の方に語弊のないように言えば、夫が稼いだ給料の生活費があってこそ、主婦業としての対価がもらえるともいえます。


ただ、世の夫は外に稼ぎに行っている間の主婦が、家でどんなことをしているかは当然、把握しにくいもの。


家族を支えるのが自分だけになってしまうことに、男性は負担や責任を感じるところもあるよう。


理想の結婚を描くのもいいですが、夫側の気持ちになったり、何をするにもある程度のお金が必要になる現実を考えてみることも大切です。


おわりに


理想を持つことは素敵なことです。「理想があるから頑張れる」という人も多いでしょう。


ただし、恋愛における理想は、相手の負担になる場合も。そこまでして理想を貫くとなると、押しつけになってしまうので、ほどほどがいいかもしれません。


(鹿賀大資/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ