岡田結実、高校時代はモテなかったと嘆き節 「クソ野郎!」と帰路についた思い出

岡田結実、高校時代はモテなかったと嘆き節 「クソ野郎!」と帰路についた思い出

 タレント・女優の岡田結実、浅川梨奈が20日、東京・蒲田女子高等学校で行われたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(24日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)イベントに出席。主人公である“清々しいほどの”「バカ」こと田中望を演じる岡田は、学校生活で憧れる理想のシチュエーションについて語った。



【写真】現役女子高校生たちに混ざり”大タピオカ”転がし大会に参加した岡田結実



 岡田は「(通っていた)学校は男子が少なくてほぼ女子校みたいな感じだった。その中でも男子を獲得できた女の子がいた」と恨めしそうに回顧。その女子高生が黒板にラブラブな落書きを書いていたそうで、「私は男にモテないので、『クソ野郎!』と思いながら帰っていた。うらやましくて経験してみたかった」と悔しさをにじませていた。



 その話を聞いた浅川は「体育館裏での告白とか…」と理想を語っていたが、岡田が「絶対ないよそんなの!」とツッコミ。会場の女子高生たちの反応もイマイチだったため、「夢を見すぎました。すいません」とあっさり謝罪していた。



 イベントには、恒松祐里、中村ゆりか、福地桃子、畑芽育、井本彩花が出席。イベントはサプライズで行われ、岡田らが登場すると同校の生徒約200人はうれしい悲鳴を上げていた。なお、町田啓太も出席予定だったが、体調不良で欠席した。



 同作は刹那的なきらめきにあふれた“青春”を無駄に浪費する女子高生=JKたちのハナクソレベルの日常を描く、ビーノ氏の同名漫画(角川コミックス・エース)を実写化。さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいのJKたちの日常をゆるく、シュールに、そしてリアルに再現していく。
カテゴリ