男子の本音!「女子から告白」ってアリ?ナシ?

男子の本音!「女子から告白」ってアリ?ナシ?

好きな人と付き合いたいとき、あなたは相手からの告白を待つタイプ?それとも自分から告白をするタイプ?


進展しない恋愛にピリオドを打つべく、自分から告白をしたい!という女子も多いのではないでしょうか。


今回は、男子たちに「女子からの告白はアリかナシか」について聞いてみました。



女子から告白されることは嬉しい!もちろんアリ!


「僕はどちらかと言うと奥手なタイプ。好きな相手ほど会話がギクシャクしたり、相手の気持ちを考えすぎて、言いたいことが言えなくなってしまいます。なので告白してもらえるのは、本当にありがたいです!」(22歳/介護士)


好きな人と話すときに意識しすぎて会話がはずまない、という悩みは男子側にもあるよう。


相手が奥手男子の場合、勇気を出して女子側から告白した方がスムーズにお付き合いに発展する、といったケースもありそうです。


圏外の女子からの告白にはビックリする!でもアリ!


「全く意識していなかった気楽な関係の女友達から、突然告白されたことがあります!驚いて返事を保留にしましたが、その日を境に急に相手が可愛く見えるように……。後日、自分から告白しなおしました」(24歳/会社員)


告白そのものが、相手にあなたを意識させるキッカケになる場合もあるようです。


相手にしてもらえなかった彼に告白をすることが、女子として意識してもらえるキッカケになることもあります。


友だちとしての関係が変わってしまう恐れがあり、勇気が必要ですが、このケースは告白して大正解。


男子のタイプによっては、女子から告白したほうが、恋が実りやすいのかもしれませんね。


告白されるのはOK!でもお断りする場合は少し気まずい…


「スポーツジムでよく顔を合わせる女性から告白されたことがあります。嬉しかったですよ。でも彼女がいるのでお断りしました。その後、彼女がパタッと来なくなりました。


顔を合わせて気まずくならなくてよかった、と思う反面、僕のせいで通い辛くなってしまったのでは、と少し気にしています」(29歳/医師)


告白したけどお付き合いできなかった場合、あなたならどうしますか?


告白がキッカケで、相手との関係性が変わってしまうことを気にする男子も少なくないよう。


もし断られても、今までと同じように相手に接する覚悟を持って、告白するのを忘れてはいけません。


女子から告白するの場合、相手の告白された男子側も気にしてしまうので、注意しましょう。


ほとんどは告白されること自体は嬉しい!


多くの男子に共通することは、好きな相手からはもちろん、そうでない相手からでも、「告白されることは嬉しい!」ということ。


ただ、断るときの対応に困る男子もいるよう。どんな結果でも、できるだけ相手に自然に接することができるといいでしょう。


告白したいと思えるほど好きになれる相手は貴重です。その気持ちを大切にしてくださいね♡


(愛カツ編集部)



カテゴリ