嵐・大野智、後輩からの挨拶は緊張してしまう



4/2(木)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。



嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。



今日の一言は「挨拶は時の氏神」。



これはケンカや争い事が起きた時に仲裁をしてくれる人がいたら、その調停には従うべきであるという意味の慣用句だそうです。



ここから今日は挨拶に話になりました。



「夜の現場でも“おはようございます”って言うのは芸能界だけだよね」と言った大野くん。大野くんは夜でも“おはようございます”がデビュー当時不思議で仕方なかったそうです。



“おはようございます”に“今日もよろしくお願いします”的な要素が入ってるのではないかと思っている大野くんはいつの間にか気にならなくなったそうです。



「確かに“こんばんは”では遊びにきた感じだもんね」と話していました。



そしてこの話から次は後輩との話になりました。最近楽屋にジャニーズ事務所の後輩が挨拶に来ることがよくあるそうです。



嵐5人の時は特に気にならないそうですが、大野くんが1人の時に挨拶に来られると「何を話していいんだろう」とドキドキしてしまうそうです。



「あっち(後輩)も緊張してると思うけど、俺も緊張してるからね」と笑いながら話して、ラジオで後輩に向けて「俺の時は来なくていいからね!」と話していました。



後輩との挨拶で話題が中々見つからないという大野くんですが、最近釣りをするスタッフさんから色々話しかけられることがあるそうです。



大野くんは「釣りをやってるとテレビなどで言っておいたよかった!会話が生まれる」と話していました。



「後輩も釣りをして!そうしたらずっと話せるから」と笑いながら話を締めくくっていました。




カテゴリ