モー娘。’20、松坂桃李の“ハロオタ”役を歓迎「しめしめ…」

モー娘。’20、松坂桃李の“ハロオタ”役を歓迎「しめしめ…」

 アイドルグループ・モーニング娘。'20が21日、東京・マイナビBLITZ赤坂で行われた新曲「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」(22日発売)リリースイベントリハ後囲み取材に出席した。先日、俳優の松坂桃李が2021年公開の映画『あの頃。』で「ハロー!プロジェクト」のアイドルにのめり込む“ハロプロオタク”を演じることについて石田亜佑美(23)「ものすごく活躍されてる俳優さんがハロオタになるんだ、と思ったらしめしめ…」と歓迎した。



【動画】圧巻パフォーマンス!モー娘。'20、新体制で新曲を披露



 

 『あの頃。』は劔樹人氏の自伝的青春コミックエッセイを実写映画化。大学院受験に失敗し、地獄のようなバンド活動を続けながら、金なし、彼女なしの底辺の生活を送っていた劔(松坂)は、ある日、松浦亜弥のMVをきっかけにアイドルにどっぷりハマり、やがて仲間たちと共に遅すぎる青春の日々を謳歌していくといったハロプロへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描く。



 自分たちの所属する『ハロプロ』を題材とした映画が制作されることさえも石田は「何も聞いてない…」といい、「朝、ネットニュースで、『松坂桃李』さんの名前と『ハロプロ』が並んでるの見て、何事?って。そしたら映画になるということだった」と全く知らなかったそう。代々木競技場・第一体育館でのライブ公演にも実は松坂が訪れていたそうだが「観に来てくださったこともしらなかった…」と驚いた。



 一方で石田は「ライブシーンとかがあるならぜひ!と思ってます」と出演にも意欲を示し、森戸知沙希(19)も「今のメンバーでのコンサート映像を使ってほしい」と熱望。生田衣梨奈(22)は「松坂桃李さんの感想をまだ聞いていなかったので直で聞けたらうれしい。私自身、松坂さんはレンジャーモノで観ていたので、観ていた方がファンを演じてくれることがうれしい」と喜びながら「自分のファンになればいいのにな」と思わず本音をこぼしていた。
カテゴリ