風呂敷をふんだんに使用した「泊まる×体験する」民泊施設が大阪にOPEN!

風呂敷をふんだんに使用した「泊まる×体験する」民泊施設が大阪にOPEN!


“震えるほどの体験を”がテーマの、人々をワクワクさせる体験を企画してきたFURUELによる日本文化体験型の民泊施設「FUROSHIKI」が、1月、大阪市内にオープンした。

360度見渡す限りのカワイイ風呂敷


現代風のモダン柄や、歌舞伎や相撲、猫や犬の動物イラストなど、色・柄・手触り・大きさがさまざまな風呂敷をなんと120枚も使用した「FUROSHIKI」は、足を踏み入れた瞬間、色鮮やかさに目を奪われること間違いなし!見て、撮って、SNSにシェアして「FUROSHIKI」のカワイさをご堪能あれ。

学んで使える風呂敷活用術



また、風呂敷は使ってなんぼ!1枚で何通りにも使い方が変化する活用術を学べば、生活は今よりきっと便利で快適になるはず。

「FUROSHIKI」では、施設内から好きな一枚を選んで、包み体験コーナーで包み方・結び方を学ぶことが可能だ。

さらに、風呂敷で作成したレンタル用のカバンも玄関に設置してあり、宿に滞在中、近所のスーパーに買い物に出かけたり、観光地・黒門市場にふらっと出かける際に持ち歩くことができる。

使って広がる環境対策への取り組み



地球温暖化に関する議論は近年活発化、中でもプラスチックゴミによる海洋汚染は深刻な問題となっている。2020年のレジ袋有料化は、プラごみ問題を考える象徴と言えるかもしれない。

普段持ち歩くカバンの中に、その日の気分で好きな柄の風呂敷を畳んで入れておけば、いつでもかわいいエコバックに大変身。地球を守るために目を背けられないこの問題にも、風呂敷を使って貢献できる。

今後、FURUELは、日本酒にまみれた「SAKEHOUSE」、お風呂を最高に楽しむことができる「湯乃屋」、戦国時代にタイムスリップできる「SENGOKU」などの体験型民泊施設続々とオープン予定。これからも新しいカタチの民泊から目が離せない!

『FUROSHIKI 施設案内』( https://furuel.co.jp/facilities/furoshiki
カテゴリ