AKB48チーム8、47都道府県ツアーファイナルは横浜アリーナ 神奈川代表・小田えりなが感涙

AKB48チーム8、47都道府県ツアーファイナルは横浜アリーナ 神奈川代表・小田えりなが感涙

 アイドルグループ・AKB48が21日、都内のTOKYO DOME CITY HALLで『AKB48単独コンサート~15年目の挑戦者~』を開催し、47都道府県選抜メンバー47人からなるチーム8が2014年12月からスタートさせた全国ツアー『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~』のファイナルとして、結成6周年記念日にあたる4月3日に神奈川・横浜アリーナ単独公演を行うことを発表し、会場は歓喜に包まれた。



【写真】小栗有以、岡部麟、倉野尾成美の反応も



 ライブ終盤、巨大モニターに「特報」の文字に続き、2014年4月に結成されたチーム8の軌跡をたどる映像が流れ始めた。同年12月から5年以上かけて全国を回り、残すところ、3月1日の茨城・日立市民会館、3月22日の熊本・熊本城ホール、そして、ラストの神奈川だけが未定となっていた。



 VTRで「ツアーファイナルを飾るのは」「2020年4月3日(金)」「横浜アリーナ!!」と映し出され、昼にツアーファイナル、夜には結成6周年記念コンサートの2公演が行われることも発表されると、チーム8メンバーは泣き笑いしながら喜びを分かちあい、他のチームのメンバーも満面の笑みで祝福した。



 神奈川県代表の小田えりなは「チーム8に入ってからずっと、チーム8のメンバーと一緒に横浜アリーナでコンサートをするのが夢だったので本当にうれしいです」と泣きながらVサイン。「メンバーも結構変わってしまったんですけれども、新たなメンバーと一緒にチーム8最高だぞというところを見せるので、ぜひみなさん横浜アリーナに来てください」と呼びかけた。



 茨城県代表の岡部麟は「たくさんの仲間が次の夢に向かってこのグループを卒業してしまって、その仲間とその景色を見たかったなという想いもあるんですけど、でもまた新しくチーム8に入ってくれたメンバーと同じ夢を持って走り続けたい。新しい仲間も去年の秋にたくさん入ってきてくれたので、そんな仲間とともに横浜アリーナですてきなステージができるように頑張りたいなと思います」と意気込み、東京都代表の小栗有以も「本当にうれしいです」と続けた。



 ボロ泣きしているのをメンバーにいじられた熊本県代表の倉野尾成美は「すごくうれしいです。私の地元の熊本もまだやっていないんですけど、横浜につながるようなすてきなコンサートにしていきたいと思いますし、ここまで支えてくださったファンの皆さんと、チーム8は最高だというのを横浜アリーナでかみしめられたらと思います。みなさんぜひ、横アリ集合でお願いします!」と声を弾ませた。



■『AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~ファイナル』神奈川県公演

4月3日(金):横浜アリーナ(昼)



■『AKB48チーム8 結成6周年記念コンサート 2020 横浜エイト祭 in 横浜アリーナ』

4月3日(金):横浜アリーナ(夜)
カテゴリ