竹内涼真&鈴木亮平、新潟でアポなしロケ バナナマン設楽は“引きの強さ”に感心

竹内涼真&鈴木亮平、新潟でアポなしロケ バナナマン設楽は“引きの強さ”に感心

 俳優の竹内涼真、鈴木亮平が、26日放送のTBS系バラエティー番組『バナナマンのせっかくグルメ!SP』(後6:30)に出演。新潟県の越後湯沢でアポなしロケに挑戦する。



【写真】『テセウスの船』竹内涼真&子役の“そっくりすぎる”2ショット



 現在放送中の日曜劇場『テセウスの船』で共演している2人は、忙しいドラマ撮影の合間でグルメ探しに参戦。「せっかく湯沢に来たがぁすけ○○食ってがっしゃい!」と書かれた番組おなじみのボードを持って、ロケはスキー場からスタートする。



 地元の人との出会いを求めて2人が裏道に入っていくと、宿屋を発見。宿の人が教えてくれたのは、行列ができる大人気店だった。突然現れた竹内に、大ファンだという店員が号泣してしまうというハプニングがありながらも、その店のグルメを口にした竹内は「僕らの表情を見るだけで、おいしいのがわかりますよね」と思わず顔に出てしまうほどの味だったことを明かす。



 続いて、車を整備中の男性に声をかけると、「スキー場のピザ」と店名もなくフワッとした情報が。街中ではなくスキー場というところに不安を抱いた鈴木は「地雷臭を感じる」とこぼすが、一体どんな店だったのか。



 スタジオでVTRを見たバナナマンの設楽統は、何度も「うまそうすぎる!」と発言し、おいしいグルメに出会えた2人の引きの強さに感心。「2人が料理を眺めているだけでドラマを見ているみたい」とコメント。日村勇紀は「俺のロケの時とスタッフの態度が違いすぎる!」とポロっと愚痴をこぼす。
カテゴリ