伊藤万理華、クリエイター業は“脱アイドル”「私の印象を消すようにした」

伊藤万理華、クリエイター業は“脱アイドル”「私の印象を消すようにした」

 元乃木坂46の伊藤万理華が23日、東京・渋谷パルコ「GALLERY X」で行われた展覧会第2弾『伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”』の内覧会に出席した。



【動画】乃木坂1期生の卒業ラッシュに言及する伊藤万理華



 グループ在籍時の2017年に初の展覧会『伊藤万理華の脳内博覧会』開催し、計3万人以上を動員した。第2弾となる今回は、漫画家・椎名うみ氏、写真家・前康輔氏、映像監督・柳沢翔氏、振付師・ 菅尾なぎさ氏のクリエイター4人と、3ブランドを起用してコラボレーション作品を製作した。



 大勢の報道陣を前に「こんなに大勢の方が来てくれるなんて…。緊張します」と照れ笑いを浮かべた伊藤。「卒業してから2年間の間に内にひきこもっていて外に出る期間が少なくて、そこから脱却するためのもっとポジティブな言葉としてタイトルにつけました」と個展への思いを語ると「個展を開くきかっけを作ってくれた」という漫画家・椎名うみ氏とのコラボを「自分自身のパーソナルな部分を話しつつオリジナル漫画を作ってもらいました」と喜びながらアピールした。



 そのほか、伊藤がディレクションに関わったZINEをはじめアパレルグッズ、ポストカードなど展覧会記念商品も販売される。グッズへのこだわりを問われると「なるべく私の印象を消すようにした」と切り出し「卒業して2年経っても“元アイドル”という印象はしばらくは消えない。マイナスの意味では捉えてないんですけど、作るモノ、着てほしいモノは、過去の部分が無い状態、自分の素の状態を意識して作りました」と語っていた。

カテゴリ