小泉孝太郎、テレ東五輪放送メインキャスター 国分太一が応援団長に

小泉孝太郎、テレ東五輪放送メインキャスター 国分太一が応援団長に

 7月24日より開幕する『東京2020オリンピック』においてテレビ東京で放送される競技を発表。オリンピックのメインキャスターを務めるのは、リオデジャネイロ、平昌でもメインキャスターを務めた、俳優の小泉孝太郎。応援団長として、『男子ごはん』、『テレ東音楽祭』MC等で同局になじみ深い国分太一もオリンピックを盛り上げていく。



【写真】小泉孝太郎主演ドラマに伊藤美誠選手が本人役で登場



 同局では、7月30日に、卓球・女子シングルス準決勝・3位決定戦・決勝、男子シングルス準決勝。8月5日にも、卓球・女子団体準決勝、卓球・男子団体準決勝の放送が決定している。



 小泉は、卓球に注目。「去年『卓球ワールドカップ』も見させてもらったんですが、実際に試合を見て、試合展開早いし、卓球の音が小気味よくて、ものすごく楽しかったですね。女子も男子も金メダルを狙えますから、見ていて熱くなりそうな、力が入ってしまいそうな気がします。伊藤美誠選手とは『警視庁ゼロ係』で共演できたので、個人的に『美誠ちゃんがんばれ』っていう気持ちがあるし、世界トップクラスのレベルだから、ものすごく楽しみです。前回はわざわざドラマの現場まで来て下さったので、今回は僕が伺ってどこかのタイミングでお会いしたいですね」。



 本番に向けて、2人から意気込みも。小泉は「オリンピックって理屈じゃない部分がすごくあると思うので、それを自国開催で、日本の多くの方と共有できることが嬉しいです。去年はONE TEAMって言葉が流行りましたけど、日本はまさにONE TEAMとして求められることがたくさんあると思うので、大きな意味でのONE TEAMをみんなと作りたいという気持ちが強いですね。



 テレビ東京としてのONE TEAMも大事だと思うし、大きなことを言えば、民放もNHKも全て一緒になってのONE TEAMもすごく大事なことだと思っています。自国開催の喜び、感動…それが体験できるだけで、オリンピックをやってよかったなと大多数の人が思うんじゃないかなという気がします」。



 国分は「この4年間(選手の)皆さんここをピークにする難しさと、その前の代表に選ばれるためにピークを持っていくところと、そういう駆け引きをやっているわけじゃないですか。だからそこの表情をやっぱり見逃しちゃいけないと思うので、しっかり見なきゃと思います。その近くにいるコーチたちの顔っていうのもね。選手1人がここに来ているわけじゃないと思いますから視野を広げて行きたいなって思います。だからいろんな所に行きたいですね。お弁当屋さんとかも行きたいですね(笑)。



 とにかく東京オリンピックの隅々まで伝えられるように、何とかいろんな言葉を見つけてわかりやすく、スポーツの良さ、オリンピックの感動、熱を、テレビでは表現する難しい部分も伝えられるようにもう必死になって頑張ってやっていきたいと思います。『オリンピックと言えばテレビ東京!』になるように頑張りたいと思います」と話していた。



以下、テレビ東京の放送競技一覧



▼7月26日(日)

【卓球】男子シングルス 女子シングルス 2回戦(後1:30~6:00)

【競泳(予選)】女子100m背 男子200m自 女子100m平 男子100m背  女子400m自 男子4×100mリレー (後6:30~10:00)



 史上初の金メダルを狙う伊藤美誠と石川佳純に注目!伊藤は1月の世界ランクで日本人過去最高タイの3位。8大会連続で同種目を制してきた中国勢とも互角の戦いを繰り広げており、期待が高まります! 石川は3度目の五輪で、悲願のシングルスのメダルなるか!?



▼7月30日(木)

【卓球】女子 シングルス 準決勝 (前11:00~後1:00)

【卓球】男子 シングルス 準決勝 (後3:00~5:00)

【卓球】女子 シングルス 3位決定戦 決勝 (後8:00~10:10)



▼8月5日(水)

【卓球】女子団体 準決勝 (前10:00~後1:00)

【卓球】男子団体 準決勝 (後2:30~5:30または後7:30~10:30)



 前回のリオ五輪で銀メダルを獲得した卓球日本男子。その時のメンバーの大黒柱・水谷隼とファンタジスタ丹羽孝希、16歳の怪物・張本智和が新エースとして加わり、個の力では史上最強。前回を超える金メダル獲得へ、大一番の準決勝です。



▼8月6日(木) 

【空手】女子 組手55kgキロ級 予選  準決勝  決勝

【空手】女子 形  3位決定戦  決勝 

【空手】男子 組み手 67kg級  準決勝  決勝 

※後5:00~9:30



 相手との攻防を想定し、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める空手の「形」。全日本選手権7連覇中で世界選手権も2度優勝している清水希容が登場。金メダルの行方は、最大のライバル・サンチェス(スペイン)との一騎打ちか。頂上決戦から目が離せない。



▼8月7日(金)

【スポーツクライミング】女子  ボルダリング・リード・スピード複合 決勝 後1:30~後10:20



 今大会から新種目として採用されたスポーツクライミング。スピード、ボルダリング、リードの総合成績で争われるこの種目は、世界選手権で銀メダルを獲得した野口啓代に大注目。競技人生の集大成として挑む最初で最後の大舞台、完登で五輪初代女王を目指す。
カテゴリ