和の“生チョコ”があるって本当!?口どけなめらかな神比率「梅×チョコ」のたまゆらがバレンタインに激押しです♡


みなさん今年のバレンタインは決まりましたか...?



バレンタインと言えば、「生チョコ」が王道ですが、毎年生チョコだとさすがに飽きちゃいますよね...。



そこで今回は、“和の生チョコ”として人気の佐藤屋さんの「たまゆら」をご紹介したいと思います◎



乃し梅本舗 佐藤屋「たまゆら」





@fukumori_mansei/Instagram



乃し梅本舗 佐藤屋八代目の代表作「たまゆら」がこちら。



和風の生チョコの上に山形の銘菓「乃し梅」がのった甘酸っぱさが癖になる和の生チョコです。



1つ1つ職人が手作業で仕上げた見た目は、石畳のように美しく、芸術品みたいなんです!



ほど良い酸味の「乃し梅」がたまらない





たまゆらは、生チョコと乃し梅の比率も完璧。



口の中でお互いを引き立て合うように溶け合い、後味もとてもさわやかなんです...!



甘いモノが苦手な方にもおすすめできます。



濃厚な口あたりでクセになる美味しさ♡





@fukumori_mansei/Instagram



こちらの生チョコは、バターを一切使用せずに白あんと寒天で作られています。



ですが、口当たりなめらかでとても濃厚なので1粒食べるだけで幸せな気持ちになれちゃいます◎



紅茶はもちろんのこと、赤ワインやブランデーなどのお酒とも相性が良いのでペアリングが楽しめそうですね♪



パッケージもシンプルおしゃれ





@fukumori_mansei/Instagram



パッケージだけでは、チョコだと想像がつかないのもバレンタインにぴったり♪



高級感あふれる上品な見た目なので、彼氏問わず、家族や親戚などにも渡せちゃいますよ◎



今年のバレンタインはこれで決まり!



今回ご紹介した佐藤屋さんの「たまゆら」はいかがでしたか?



いつものバレンタインに変化球で和の生チョコをプレゼントしたら想像以上に喜んでもらえるかもしれませんよ!





カテゴリ