この恋の「脈あり・脈なし」を男性の行動から判断する方法

この恋の「脈あり・脈なし」を男性の行動から判断する方法

恋愛相談でとても多いのは、「彼とデートするまでの関係にはなれたのですが、相手が何を考えているかわからない」「脈があるかどうかわからない」など。


みなさん、脈ありなのか脈なしなのか、とても悩んでいます。


でも、男性の行動の特徴を知っていれば、相手の気持ちの判断はつけやすくなりますよ。


今回はこの脈あり・脈なしの見分け方について、男性の行動から判断する方法をお伝えしたいと思います。



①デートの回数と中身


男性の多くは、意味のないことを嫌います。


デートも1回・2回ならお付き合いで行くかもしれません。でも、3回デートをするということは、少なくても相手に興味・関心があるということです。


とはいえ、それが本命としての興味なのか、体だけを目的としているか。その見極めが重要になってきます。それは、デートの内容で判断するのが大事です。


あなたのことを本当に大切にしようとしているなら、デートの内容も変化をつけたり、サプライズを考えたりしてくれるはず。


ただ、ぶらぶら買い物をする、食事をする、だけであれば、本命としての脈はない可能性が高いです。


②会話の内容


会話の内容も脈のあり・脈なしを判断するのに大事です。


繰り返しますが、男性は必要のないことを相手に伝えるのを嫌がります。自分のことも必要のないことは相手に伝えようとしないでしょう。


世間話や趣味の話くらいはするかもしれませんが、将来の夢の話、友人の話、そして家族の話などは心を開いた相手にしかしないでしょう。


また、会話が弾まない場合、おそらく相手はあなたに心を開いていません。


何回会っても、あまり変わらない話しかしてくれない場合は、脈がないと考えたほうがいいでしょう。


筆者の経験上では、男性は徐々に心を開くということがあまりない気がします。


③ボディタッチの有無



ボディタッチって、下心?と感じる人も多いと思います。もちろん、体だけを目的にしている人はNGです。


でも、真面目な男性は、気のない相手に対してこう考えます。


「相手をその気にさせてしまうと面倒だから、できるだけその気にさせずにフェードアウトしたい」


つまり、脈がない相手にまで、あえてリスクをとってボディタッチをしようとは思わないものなのです。


相手が軽い人間ではない、というのが前提ですが、髪や腕に触れてくれる機会があったり、手を繋いでくれたら、脈ありと考えていいでしょう。


男子は無駄なリスクを避ける


繰り返しになりますが、男子は意味のないことをあまりしたがらず、無駄なリスクを避けようとする生き物です。


ここに挙げた内容をもとに、相手と脈ありか脈なしかを判断してみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ