ゾンビラッパーJKにオカルトJK 想像の斜め上を行く「女子高校生」ギャグ漫画に反響

ゾンビラッパーJKにオカルトJK 想像の斜め上を行く「女子高校生」ギャグ漫画に反響

 女子高校生が主人公のマンガは昔から幅広く展開されているが、少女マンガではなく「オカルト」×「女子高校生」や「ゾンビ」×「ラッパー」×「女子高校生」というオカルトと学園コメディを融合させたマンガが登場している。1作目は教室の机に「ブス」「死ね」と書き、悪霊退散をする『不良退魔師レイナ』。2作目は、小芝風花主演でドラマ化された『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』だ。



【漫画】ラッパーに噛まれたラッパーに?ナナメ上の展開がおもしろいパニック漫画



■小芝風花主演でドラマ化 ラッパーに嚙まれたらラッパーになるマンガ



 新感覚サバイバルホラー『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』は、「ラップ」と「ゾンビ」の2大アイテムを合体させた作品。ラッパーに噛まれた人は謎のウィルスに感染してラッパーになり、街にラッパーが大量出現するという設定。行方不明になった兄を見つけるため、壮絶なサバイバルに身を投じるヒロイン・みのりの活躍が描かれる。昨年7月には、小芝風花主演のスペシャルドラマ「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」として実写化もされている。



 作者のインカ帝国さんは「噛まれて感染してなるのがゾンビではなくて別のものだったら面白いなと思ったところから考えました」という。本編には、ラッパーがリリックを書くときに愛用するノート、ミード社のコンポジション・ブックや、ラッパー御用達のギャング映画『スカーフェイス』(1983年公開。アル・パチーノ主演)が登場するなど、ラップ好きの心をくすぐる小粋な演出も。



 ラップ狂いの作者かと思いきや、「正直、それほど聴いたことがありませんでした…描き始める際に、ラップやヒップホップを聴いたり調べたりして参考にしました。ゾンビ映画は元々好きだったこともあり、この漫画を描くにあたっていろいろ観ました。『ビヨンド』というゾンビ映画が、カッコ良くて好きです」(インカ帝国さん)



 作品を目にした読者からは「なるほど意味わからん、大好きだ」「斜め上を行くパニックホラー漫画だな」「これ最初に感染したの俺だわ」「笑いすぎて腹痛いw最高」といった声が上がっている。



■教室の机に「ブス」「死ね」の落書きする不良、イジメかと思いきや「魔法陣」



 続いての女子高校生は“不良”の転校生・レイナ。転校初日からクラス委員長に挑戦的な態度をとり、放課後、委員長の机に「ブス」「死ね」といった酷い落書きをする。「イジメなのか?」と思いきや、「魔法陣」を描いており、委員長の机に憑りついていた地縛霊を除霊していたのだ。



 主人公の、霊をも震え上がらせる強い口調や不良っぽい態度から、一見すると「イジメ・不良モノ」のように見えて、読み進めていくと実は「オカルト退治」だったというギャップに、多くのユーザーから反響があった。



 第1話のラストでは、レイナが心の机を教室から放り投げ、「おめーの席ねぇから!!!」と言い放つ。このセリフから、主人公の女子高生(北乃きい)がイジメに立ち向かう姿を描いたドラマ『ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~』(2007年放送、フジテレビ系)を想起したユーザーが多く、「中島美嘉の曲が流れた(笑)。懐かしい!」「聞いたことあるセリフ……めっちゃ笑った!!」「最後、名言いただきました!!」など多くのコメントが寄せられた。しかし、作者自身はドラマ『ライフ~』を観たことがなく「そのドラマをネタにしている動画を某動画サイトで観て、そのシーンを知りました」という。



■日本独特の「女子高校生」像 海外育ちの作者にとっては「あこがれ」だった



 作者のOTOSAMAさんはマレーシア出身。日本の中学校や高校に通った経験もない。学園漫画に関しては、ほとんどマンガやアニメ、ゲーム、ネットから知識を得ているそうだ。また本編には「トイレのハナコさん」「こっくりさん」など都市伝説も登場する。そんなカオスな世界観を持つ作品に対して「面白い!斬新!」「シュールで好き」「インパクトがすごい!」など絶賛コメントが後を絶たない。



 「皆さん、非常に細かいところまで読んで感想を書いてくださいますが、どんなコメントをいただいてもうれしいです。たまにストーリーの先のヒントを入れておいて、『読者はそこに気づいたかな?』なんて思いながらコメントを読むのも楽しいです。ツッコミやジョークのコメントを読んで『すごくセンスがあるなぁ』と感じるものも多く、楽しく読ませていただいています」(OTOSAMAさん)



 これからも一癖もふた癖もある女子高校生が暴れ回るマンガの登場に、目が離せない。
カテゴリ