福原遥、主演ドラマ“顔芸”好評に赤面「うれしいです!」 『ゆるキャン△』原作再現に苦労も

福原遥、主演ドラマ“顔芸”好評に赤面「うれしいです!」 『ゆるキャン△』原作再現に苦労も

 女優の福原遥(21)が1月31日、千葉・幕張メッセで行われた『ジャパン キャンピングカーショー2020』に出席。現在、テレビ東京などで放送中のキャンプを題材にしたドラマ『ゆるキャン△』で主演を務め、コミックやアニメで描かれた“ユルさ”を実写化で絶妙に表現する演技と表情豊かな顔芸が話題となっていることについて「すごい、うれしいです!」と照れながらも視聴者からの反響を喜んだ。



【写真】『ゆるキャン△』のワンシーンのよう…椅子に腰掛けゆったりする福原遥



 同作は、キャンプの魅力とキャンプを満喫する主人公・志摩リン(福原)を含めた女子高生たちのゆるやかな日常を描いた作品。『まんがタイムきららフォワード』で連載中のコミックが原作で、アニメ化もされるとキャンプブームの火付け役となり、実写化したドラマはキャンプのハウトゥや、富士山をバックにした山梨県の美しい自然の景色、じんわり心に響く音楽が見どころ。公式サイトで「本作は原作コミックに可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行います」と告知している中で放送されると、「再現度が高い」「原作愛を感じる!」などと称賛の声が相次いだ。



 顔芸は「リンちゃんを演じているのですが、ちょっと表情がオーバーなところがある。みなさん原作愛を持っているので、現場でも漫画を見ながら動いてみたりしています」と演者&スタッフともに原作を忠実に再現することに力を入れていると告白し「(顔芸が好評と)そう言っていただけているのは、すごくうれしいです」と顔を真っ赤にしながら喜んだ。



 表情を作る難しさを聞いてみると「ちょこちょこ顔芸はあったりするのですが、基本、リンちゃんはあんまり表情に出さない子なんですよ。『表情には出さないけど内心はキャンプを誰よりも楽しむ』ということを表現するのは、ちょっと難しいなと思いつつ(現場で)話し合っています」と苦労があると明かした。



 同アワードは、キャンピングカーで楽しむ車旅の啓蒙と普及を目的とし、キャンプやアウトドア好きの著名人を毎年1名表彰。福原は、テレビや雑誌など多くのメディアを通して活動的にキャンプ・アウトドアの魅力を発信し、普及に貢献されたとして受賞した。元々アウトドアが好きな福原へ、副賞としてキャンピングカーを1年間無償貸与されると「キャンピングカーはまだちゃんと体験したことがないので、すごい小さいころから憧れがあって!」と興奮。



 「寝泊りができたりと、車一つでどこにでもいけるので、すばらしいもの。私は料理が作りたくでしょうがない。こういう仕事をしていると、急に休みができたりして、ホテルが予約ができなかったりするので、キャンピングカーでしたらいつでも『明日いこう!』と寝泊りできてどこにでもいける」と話し「ゆるキャン△で行った『ふもとっぱらキャンプ場』の景色がすてきでしたので、ぜひ、そこまで車で行ってまったり過ごしたいです」と早くもキャンプライフを構想。



 『ゆるキャン△』メンバーでキャンプに行きたいとし「このアワードを受賞する話をいただいてから、ゆるキャン△メンバーと『うえ~い』と大喜びして『みんなで絶対にキャンプ行こうね』とクランクアップの時に話しました」とドラマ同様にキャンプを愛していると話した。
カテゴリ