サーカスが令和に届けたいものとは?ファミリーのハーモニーが語るメッセージ

サーカスが令和に届けたいものとは?ファミリーのハーモニーが語るメッセージ

 1978年に「Mr.サマータイム」で衝撃のデビューを遂げたサーカス。ジャジーなそのコーラス・ワークは当時のどの歌謡コーラスグループとも異なり、翌年の「アメリカンフィーリング」のヒットでその地位を不動のものとした。あれから42年、今年4月9日に過去グループに在籍したメンバーが揃ってのコンサート『BEAUTIFUL HARMONY』をEXシアターで行うことが決定した。



【写真】7人でインタビューに答えるサーカスファミリー



 令和の英訳が『BEAUTIFUL HARMONY』ということで、今年は同テーマの音楽イベントが目白押しの様相だが、そのなかでも大本命なのが美しいハーモニーで活動を続けてきたサーカスだろう。ハーモニーにかける想い、メンバーは音楽とどう向き合っているのかなどサーカスファミリー全員集合してもらいインタビューした。



 サーカスというとファミリーのイメージが強いのだが、当初このグループが企画された時、従妹同士の叶正子、卯月節子と、男性のメンバーは血縁関係のない2人だった。その2人がデビュー前に、自分が求める音楽の方向性と違うからと相次ぎ脱退、正子の弟の高が加入し、立て続けに次男の央介が加入し、デビューの際はファミリーデビューとなったというのが真相だ。つまりサーカスは最初からファミリーデビューする予定ではなかった。でも、いざデビューしてみると、ファミリーであることが何よりの強みとなっている。不思議なものである。



「実はそうなんです。アルファでデビューするまで1年あって、男性2人は血縁関係がなかったんです。彼らはバンドデビューを目指していたんだけど、当時バンドで女性ボーカルはたくさんあったので、注目されていたABBAやマンハッタントランスファーのようなお洒落なコーラスグループでデビューさせようという話になったんですね。ですから、私たちは急きょジャズボーカル習いに行って…」(叶正子)

「で、その時に男性メンバーが一人辞めて僕が入り、続けてもう一人辞めて、弟が入ったっていう感じですね」(叶高)



 それにしても、急造グループとは思えない素敵なコーラスワークで、デビュー当時の世の中をすっかり魅了した訳だが、どうやら叶家は子供時代からコーラスに親しんできたようだ。



「母が歌が好きで、私たちが小学校で新しい曲を習ってきたりすると、すぐ家でコーラスで歌ってました。家族でハーモニーをやるのが母の夢だったんでしょうね。好きな音楽もみんな異なるのにハーモニーが素晴らしいといわれるのは、そんな原体験があるからでしょうか。聴いてきた音楽はみなバラバラで、私はアメリカンポップスでした」(叶正子)

「僕は男性ソロのアンディ・ウイリアムスやエンゲルベルト・フンパーディングやトム・ジョーンズ」(叶高)

「僕は吉田拓郎さん一辺倒。完全な拓郎ファンです。一度共演したいというのが夢なんですけど、まだ叶っていないんです」(叶央介)

「うちも母が元歌手だったので小さい頃から歌が溢れていましたね」(卯月節子)



 1978年に発売された「Mr.サマータイム」は衝撃だった。それまでのどの歌謡コーラスとも異なる洗練されたコーラスワーク。お洒落な、大人の、という言葉がぴったり来る4人だったのだが、その裏では苦労の連続だった。



「レコーディングは相当苦労しましたね。当時のディレクターの有賀(恒夫)さんが音程に厳しい人で、ひとつひとつの音をしっかり出さないとOKが出ないんですよ。だからひとつの音がしっかり出せるまで、それこそ一人ずつ何回もやり直しで」(叶高)

「当時は、簡単に音を修正することができませんから、その時録音したものがすべてですから、みんながレコーディングに真剣でしたね。特に「Mr.サマータイム」が売れた後に急きょアルバム作成となった時が大変でした」(叶正子)

「当時アレンジを担当していた前田憲男さんが有賀さん以上に音に厳しくて、しかもコーラス譜をみると4人それぞれが異なる音を出すアレンジで、音がしっかりとれてないとひどいものになってしまうわけです。でも、あの時に鍛えられたから今があるんだな、と、今は感謝しかないですけど、当時はプロデューサーとしょっちゅう喧嘩でしたね」(叶高)



 その後、叶正子、高の姉弟を核として、卯月節子の脱退、原順子の加入などのメンバー・チェンジを経て、2013年に叶央介・原順子夫妻が2人の活動2VOICEに専念するために脱退することになり、高の娘叶ありさとオーディション合格者の吉村勇一が加入し今に至る。こうしてみると、ファミリーでゆったりやっているようなイメージがあるサーカスだが、実はファミリーであっても、色々な想いの中で揺れ動きながら今に至っているのだ。



「みんな自分の好きな音楽があるから、メンバー同士の音楽的対立はありますよね。みんな若かったし受け入れ上手じゃなかったから。でも、今この年になってみると、当時は反発していたことが、あれもありだったよねって素直に受け入れられるんですよね」(叶高)

「私たちは35周年でグループを離れたんですけど、独立したいって相談した時には残りの2人は考え込んでいましたよね。それは、四声のハーモニーを作り上げるのはとっても大変だから。だけど、今度はありさちゃんとユウくんが加入してくれて私たちはホッとしているんです。こうやって若い世代が入ってくれて、次の時代はこの2人が新しいサーカスの音を作っていく。そうやって時代と共に変わっていけば良いと思うんです」(原順子)



 揺れ動く心を一つにしながら作り上げるハーモニーだから、サーカスのハーモニーは私たちの心にしっかりと届くのではないだろうか。



「私は4人が声を合わせて出て来る音がすべてだと思っています。4人がステージで声を合わせれば絶対に何かが伝わると信じています」(叶正子)

「デビューの頃を振り返ると、みんな違う目標や想いをもって活動していた。それがハーモニーという部分で重なっているんです。デビュー当時を振り返ると、みんなそれぞれの違う目標があって、その中でハーモニーが重なっていた、そんなところが魅力につながっていたのかなと思います」(卯月節子)

「サーカスに加入して改めて感じることなのですが、みんながちょっと違う個性と歌心を持ちながらそれがひとつにまとまっているところが魅力なんだと思います」(吉村勇一)

「サーカスには、みなさんが失われつつある家族の絆というものが感じられるんでしょうか。私たちはあまり意識していないのに、外からはずいぶんファミリーということを強調される。実はサーカス=ファミリーと言われることはとても素敵なことなんじゃないかと思います。外に出てあらためて見てみると、サーカスって宝物だったんだなと感じます」(原順子)

「お互いの違いを楽しめるようになるとグループって本当に楽しいですよね。みんなが少しずつ他人を受け入れる気持ちをもって生きて欲しいなと思います。そんなメッセージをハーモニーから受け取ってもらえればと思います」(叶央介)



 4月9日にはEX THEATER ROPPONGIで令和にちなんだコンサート『サーカスFamily with Friendsコンサート~BEAUTIFUL HARMONY~』を開催する。サーカスファミリーの7人がホストとなり、彼らと交流のあるゲストを迎えて実施する予定になっている。



「令和を英訳するとBEAUTIFUL HARMONYということで、このキーワードにちなんだイベントが数多く開催されていると思うんですが、ハーモニーといえば、やっぱりサーカスですから、いらっしゃったみなさんにサーカスファミリーを中心にして様々なハーモニーのシャワーを浴びてもらおうというイベントです。今回第一回目のテーマは『Family~つなぐ~』です。それは家族のことだけでなくつながっているファンの人もファミリーだと思いますし、当日いらっしゃってくださるすべての人もファミリーだと思います。サーカスがいて、2VOICEがいて、節子さんが入ったファミリーがあり、そこでしか見ることができないゲストとのハーモニーがあり、最後は客席も含めてみんなで感動を分かち合えたらいいなと思っています」(叶ありさ)

「サーカスも親子世代になってますから、世代を超えて追求される音楽を楽しんでもらえればと思います」(叶高)

「兄弟だけでは表現できない夫婦の愛情のこもったハーモニーも楽しみにしてもらえればと思います」(叶央介)

「小さい頃にサーカスを見に行きました。その時に感じたワクワク感があったんです。次に何が出るんだろうか、それをハーモニーで感じてもらえるようなステージ

にしたいと思います。ぜひワクワクを感じにいらしてください」(正子)



■『サーカスFamily with Friendsコンサート~BEAUTIFUL HARMONY~』

出演:サーカス(叶高、叶正子、叶ありさ、吉村勇一)、2 VOICE(叶央介、原順子)、卯月節子(初代メンバー)

ゲスト:Unlimited tone、元・少年少女合唱団

バンド:岩瀬立飛(dr)、箭島裕治(ba)、森丘ヒロキ(pf)
カテゴリ