どうしても彼氏に「共感できないとき」はどうする?

どうしても彼氏に「共感できないとき」はどうする?

恋愛で大切になってくる、「相手への共感」。


「私たち、なんとなく付き合いが始まったんだよね~」というのも、実は無意識に共感できるところが多かったから、ということもあるでしょう。


相手に共感すればするほど、心が通い合っている実感がある反面、意見がすれちがうと、関係が崩れてしまいがち……。だからこそ、彼に共感できない場合は対応に困りますよね。


そこで今回は、「彼の意見に共感できないときの上手な返し方」をまとめてみました。



不快に思われる返しは?


さて、まずはじめに「彼との関係が険悪になってしまいやすい返事」をご紹介していきましょう。


彼の「~と思わない?」に対して、まるで武器を投げつけるように「私はそう思わない。」「それは間違っているでしょ。」などと、彼の気持ちを無視して、自分の感情だけをぶつけてはいませんか?


そんな言葉を投げつけられたらやっぱりだれしも傷つきますし、イラっとしてしまうでしょう。


好きで付き合っていたとしても、これが続けば不快感も積み重ねられて「やっぱり合わない」と感じてしまうかも。


言い方を変えるだけで、共感していないことを不快に思わせず伝えることも可能です。その方法にはどんなものがあるのでしょうか?


相手の話を最後まで聞く


まずは相手の話を最後まで聞くことです。


あなたも、話している途中に食い気味に割り込まれてイラっとしたことはありませんか?


それはだれしも同じ。共感できなにしても、まずは「話を最後まで聞く」だけでも、相手の捉え方は違ってきます。


話を聞いた後、「こういう場合は他の人は、こうしててうまくいってたよ。」「こっちの方がいいと思うよ。」など具体的な例を出して意見を伝えると、上手にコミュニケーションが図れるはずです。


ハッキリ言いすぎない


たとえば、「俺は〇〇ちゃんみたいな感じっていいな~と思う」という彼に対して「私は嫌い」「〇〇くんはだまされてる」「女子から見れば全く違う」という直球を、そのまま彼に伝えてしまうのはNG。


彼に「自分の考え」をわかってほしいからなのはわかりますが、あまりにもはっきりと直球で言ってしまうと、「なんか俺、悪いこと言ったかな?」「なんで機嫌悪いの?」と悪い印象を持たれるかも……。


わざわざ嫌な役を買って出ることはありません。


たとえ相手の事を思っていても、2人の関係に深くかかわってこない問題でない限りは「そうだね~、感じいいよね~。」と軽く共感しておく方が誰にとってもベストではないでしょうか。


反論を逆に共感に誘う


反論を逆に共感に誘う


実は相手を反論するのって、相手の気持ちを考えていれば考えているほど気力が必要です。


なので、初めの方にバッサリ反論してしまうのが自分の気持ちは楽なのですが、それでは相手の気持ちを無視していることにもなってしまう場合があります。


当然まっすぐに反論された方は、不快に思いますし、話の初めの方から反論されると一緒に居たい気持ちも減ってしまいます。


彼がよくわかるのは、感情でダメとか嫌とか言うのではなく、〇〇だったら△△を使う方が使いやすいと思うよ。という理論で説明して反対に共感を誘ってみること。


共感は感情ですけど、ネガティブな感情は共感すると相手も落ち込みますからね。


最後は肯定する


最後は、いい意味で「〇〇くんの思ってる事がよくわかって良かった!」「私と同じ気持ちなんだってわかった。」という肯定をして話を終えると、相手も共感してくれたと思えます。


気持ちをさんざん話して、最後に違う事を持ってこられたら相手も気持ちが通じなかったかな。という悲しい気持ちに。


最後に彼が言いたかったこととは全く違う「あのお店、おいしかったね」というのでは、ちょっと軽く見られている気分になってしまいます。


彼が共感して欲しかっただろうことを、最後にもう一度出して共感の姿勢を見せれば印象は良くなりますよ。


(只野/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ