高杉真宙、“残念トーク”に上地雄輔&小木博明から集中砲火「そこが良いところ」

高杉真宙、“残念トーク”に上地雄輔&小木博明から集中砲火「そこが良いところ」

 俳優の高杉真宙、上地雄輔、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が1日、都内で行われた映画『前田建設ファンタジー営業部』の公開記念舞台あいさつに参加。高杉のトーク力を上地と小木がイジりまくった。



【写真】岸井ゆきのらが登壇した舞台あいさつの様子



 同映画は、アニメやマンガの世界の建造物を実際に建設したらと検証するコンテンツを提供する“実在”する総合建設会社・前田建設工業にスポットを当てた作品。若手社員・土井航を中心としたサラリーマンたちが、アニメの途方もない設定に翻弄されながら無謀なプロジェクトに立ち向かう姿を描く。



 イベントはクロストークで進行。映画にかけて、サラリーマンだったらという質問に六角精児は「金がほしい。ボーナス。我々は出来高制なので」と話したり、本多力は「ヘッドハンティングされてみたい。かっこいいじゃないですか。でも、それを断る。総務部で。『アイツの総務はスゴい』ってうわさになったらスゴくないですか?」と壮大な夢を語り、笑わせた。



 英勉監督も「僕、サラリーマンです。会社員ですから。社内恋愛もあれば、『このプロジェクトを…』と土下座したり、携帯なくして、すっごい怒られたりとか」と意外な事実を話すと、小木は「監督って、サラリーマンなの? アーティストの映画に出てるのかと思ったら会社員の映画に出たの?」と目を丸くして驚いていた。



 そして、高杉の番を迎えると小木は「高杉くんの話、どうせつまらないし、やめときます?」と暴言。「待ってくださいよ! 一応、しゃべらせてください」と高杉は申告し「営業部やりたいです。人見知りなんですけど、治るかなって思って」と思いの丈を語った。すると、爆笑しながら上地は「終わり? ホントにつまんないヤツじゃん!」とツッコミを入れ、小木は「そこが良いところ。営業部になりたいね」と心ばかりのフォローを入れて、笑わせた。



 さらに“自分はオタク”という話題で高杉は「ゲームと漫画とアニメが好き」と控えめトーク。司会から「好きなジャンルは? ファンタジー系、アクション系とかありますけど」と振られた。上地が「ありがとうございます。いいパス来たよ~」と話したが、高杉は「何でも好きですね」と返答。上地は「そこはファンタジー系でいいだろ! 『ファンタジー営業部』なんだから!」とガックリし、高杉は「そうですよね…。(上地は)頭がいい…」と少しだけ落ち込んでいた。



 それでも、最後のあいさつで高杉は「今回、こうやって出演させていただいて、改めて思ったのは楽しく働いている人たちって、どこかにロマンを持っている。どこかに無邪気さがある。この映画を観た皆さんが、その気持ちを思い出して、熱量をさらに上げてもらえたらうれしい」としっかりとしたアピールをして、締めくくっていた。



 舞台あいさつには岸井ゆきのも参加した。
カテゴリ